<   2008年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ナミビア:ソスフレイ砂漠
テント生活の朝は早い。
朝日が入ってくるので嫌でも目が覚めちゃうんですね。

テントを片付けて、コーヒーと昨夜の残り物で朝ご飯。
(ブライで残ったお肉を翌朝食べると美味しい!!って思うのは私だけ?)

キャンプ場の近くにあるセスリム・キャニオン(Sesriem Canyon)へ。
セスリム・キャニオンは長さ2Km、深さ30mもある渓谷。ナムブ砂漠はほとんど雨が降らないけれど、数年に1回大雨が降って、この渓谷が水でいっぱいになるんだとか。

もちろん雨なんて降っていなかったので、歩いて渓谷の下まで降りることができました。水は3m四方の小さな水たまりがポツーンとあるだけでした。

その後は念願のソスフレイ砂漠へ向けて出発。
え?もう砂漠なんじゃないの・・と思っちゃうけど、実はキャンプ場のある場所がソスフレイ砂漠のある国立公園の入り口。この入り口からお目当ての砂漠までは来るまで1時間ほどかかるんです。けれどさすがは観光地。この道はちゃんと舗装されているので、運転もスムース。ただ周りの景色が変わらないので、かなり眠くなりますのでご注意を。

約1時間後、砂漠近くのオアシスに到着。
まだ砂漠の真ん中ではないけれど、すぐ近くに砂漠の山々が見えています。
ここから先は道が砂漠の砂になっているので、自信のある人は自分の車で、そうでない人はお金を払って専用のトラックに乗せてもらいます。かなり深い砂なので、ランクルとかじゃないと砂にはまって抜け出せなくなると思います。
私達の車はVWのKOMBIだったので、砂は絶対ムリー。お金を払って、トラックに乗せてもらい、ついに砂漠のふもとに到着!

すでに砂漠の上に人が歩いているのが見えます。

[PR]
by joburg | 2008-03-22 19:24 | 海外旅行
ナミビア:バーベキュー
砂漠での最初の晩御飯はもちろんブライ☆
b0053164_20382777.jpg
風が強かったので、車を風よけに使ってのバーベキュー。豚肉美味しかった!

さすが観光地だけあってキャンプ場の施設も充実していて、何かと助かりました。
キャンプ場の中央にはトイレ&シャワー室があって、ジムにあるような個室のシャワー室が5つくらいあります。けっこう清潔だし、一応お湯が出ます。一応って言うのは、時間帯によってちょっと暖かかったり、完全に水だったりして、熱いお湯は全く出ないから・・。ちなみに、頻繁に断水になるので要注意。

このシャワー室の隣には、飲み物が買えるバーとプールがあって、日中はここでのんびりしている人が多かった。

キャンプ場の敷地は広いので移動は車なんだけど、地面が砂なので勢いよく運転しないとタイヤが砂に埋まって大変。それが唯一困った事だったかな?それくらいソスフレイキャンプ場は充実してました!

さて、明日はいよいよ砂漠!
[PR]
by joburg | 2008-03-11 20:57 | 海外旅行
ナミビア:ソスフレイのキャンプ場
ウィントフックを12時に出発し、ソスフレイのキャンプ場に着いたのは4時20分。
キャンプ場の入り口に到着すると、もう地面はサラッサラの砂。キャンプ場の入り口には食料品を売っている小さなお店とガソリンスタンドがあるし、すぐ隣にはソスフレイ唯一のホテル、Sossusvlei Lodge もあり、人気のない土地を4時間半運転してきた身には新鮮!

キャンプ場には大木が点々と生えていて、1本の木につき1グループが宿泊できるようになっていた。木と木は離れて点在しているので、プライバシーもあるし、それぞれの宿泊所(って言っても木の下にテント張るんだけど)には蛇口もついているので、洗い物などをする場合に便利。砂漠の隣で緑に生い茂った大木の下、水をジャージャー流していると、なんとも居たたまれない気持ちになるけど・・。
b0053164_1255059.jpg
このキャンプ場はソスフレイがある国立公園の入り口。背景に写ってる赤い丘が砂漠!最初は赤い岩かと思ってたけど、実は立派な砂漠。本当に赤いんだなー。
b0053164_1262190.jpg
とりあえずビールで乾杯♪風が強くて、砂漠から砂が飛んできてたけど、砂漠をバックに飲むビールはウマすぎでした。
[PR]
by joburg | 2008-03-10 20:45 | 海外旅行
ナミビア:セスリエムへ
まずは首都ウィントフックからナミブ砂漠があるソソフレイ(Sossusvlei)へ向います。
宿泊先の Sossusvlei Wilderness Campは、セスリエム(Sesriem)という街から34Km、ソソフレイの入り口にあるキャンプ場です。

ウィントフックからC24→C19に乗って目的地へ。
b0053164_1794726.gif
舗装されているのは最初の15Kmくらい。その後はずーっと砂利道なので、4WDは必須。アップダウンが激しいうえに、道の至る所に穴が空いているので、スピードの出し過ぎは厳禁です。スピードを出し過ぎて、車が横転してしまうケースがよくあるそうです。そして忘れちゃいけないのが、ナミビアは人口密度が非常に低い国。1平方キロ当たり、なんと2.5人!(ちなみに日本は339人)

つまり運転していると、村どころか人一人見かけないことがほとんど。
こんな所で車が故障したり、怪我をしてしまうと、命に関わる大惨事。
スペアタイヤ、食料品はもちろんですが、念のため無線機(携帯は繋がらない場合が多い)を持って行くと安心かも。
(私達は無線機を持って行かないで、後で後悔しました〜)
b0053164_17273036.jpg

[PR]
by joburg | 2008-03-08 17:43 | 海外旅行
ナミビア:砂漠への準備
ウィントフックは人口約23万人と1国の首都としては小さな街なので、移動も簡単。
本日は昼過ぎにウィントフックを出発する予定なので、午前中に必要な食料品の買い出しへ。異臭漂うレンタカーも朝一でVWのKombiに変更してもらい(果たしてKombiでオフロード走れるのか不安だったけど)、市内の中心地にあるショッピングモールでお買い物。今回の旅行は4泊中3泊がキャンプ場での野宿だし、周りにレストランなどが無い所ばかりなので、ほぼ毎日バーベキューの予定。そこでWoermann Brockというドイツ系のスーパーで肉、野菜、お菓子、飲み物を買い込みました。チーズもソーセージもドイツ製の物ばかりで美味しそう♪
b0053164_2245918.jpg

買い物を終え、事前に予約していたキャンプ用品一式を引き取り、いざ出発!

キャンプ用品にはテント、調理器具、ランプ、テーブル&チェア、水を入れるタンク、と何から何まで揃っていて便利!持って行くのは食料と寝袋だけでOK。
[PR]
by joburg | 2008-03-06 22:20 | 海外旅行
ナミビア:ウィントフック到着
ウィントフック空港に到着し、事前に予約していたレンタカーをピックアップ!
・・と思いきや、レンタカーの窓口に誰もいなーい!
隣の窓口に居た人に聞くと、「彼はちょっと外出した」とのこと。
ちょっと外出って・・その間は誰が??

どうしようもないので、窓口の前で待つこと15分。

やっと戻って来たー。
これでチャチャッと車を借りて、今日の宿へ出発!!と行かない所がここアフリカ。
イエース、予約していた車の準備が出来ていませーん。
とりあえず空港から出ない事にはどうしようも無いので、ウィントフックを発つ翌朝までに車を準備してもらい、とりあえずは他の車を借りる事に。そのとりあえず借りた車が窓ガラス割れーの、異臭漂うーので、旅の先立ちに不安一杯。

妙なエンジン音を轟かせながら、本日のお宿 Klein Windhoek Guesthouseに到着。2ベッド、リビング、キッチン付きのファミリールームなので、広くて快適。
気温が高いウィントフックには嬉しいクーラーも付いています。1つの寝室には、日本でもおなじみの壁掛けタイプのクーラー。もう1つの寝室には四角い扇風機の下に4つの足が付いた移動式扇風機のような物が。ゲストハウスのオーナーに聞くと、この扇風機は「Water Air Conditioner(水エアコン)」と言うものらしい。何がエアコンかと言うと、扇風機の下部分に水を入れる所があり、電源を入れると、この水が冷え、冷気が扇風機によって部屋に飛ばされる、という仕組みらしい。何だか良く分からないけど、とりあえず暑いので、涼しい部屋で寝られるよう、水エアコンのスイッチを入れて夕食を食べに外出。

ヨハネスブルグからの飛行機で偶然で会った友達と合流し、ドイツ料理のJoe's Beerhouseで夕食。ドイツの植民地であったナミビアは本格的なドイツ料理が堪能できる事でも有名。スーパーでもレストランでも、豚料理がメイン。豚好きの私にはたまりません。
このJoe's Beerhouseで私が頼んだのは、Port Knuckle=豚の膝関節!!
写真が無いのは残念なくらいのボリュ−ム。だって、800gもあったー!
お皿の上に800gの豚の関節(もちろん肉付き)がドーン。煮込みとローストの2つから選べるのですが、私はお店おすすめのロースト。外側がカリカリ、中はジューシー!だけど800gはさすがの私でも完食できませんでした・・。
ここでのお薦めは友達が頼んだ「Tornado」という牛ステーキ。今まで食べたステーキの中で一番美味しい!!と感激してました。前菜から肉の塊からデザートまで食べて、なんと1人たったのR115(1800円くらい)。安すぎ!!!

タップタプのお腹を抱えながらゲストハウスへ帰宅。
「水エアコンどうかなー?」と冷えきっている(はず)の部屋へ向った相方。

聞こえてきたのは、「ぎゃーーーーーーー!!!」
という相方の悲鳴でした。

部屋は駆けつけると、そこはキンキンに冷えるどころか、

ベッショベショに湿った空間。

そう、水エアコンは、水の蒸気を部屋にまき散らす、とんでもない機械だったのです。エアコンっていうか、加湿器。これと比べると、市販の加湿器なんて甘っちょろい。
もうベッドもカーペットも湿気でシットリしちゃってます。

幸い荷物は他の部屋に置いてあったので被害はナシ。
とりあえず窓を全開に開けて、部屋を乾燥させる努力をするものの、この最強クーラー加湿器には勝てず、シットリと湿ったベッドで一夜を過ごしました。

砂漠のナミビアで湿気に包まれて眠るなんて、なんちゅー贅沢な過ごし方。
[PR]
by joburg | 2008-03-06 21:19 | 海外旅行
ナミビア:ヨハネスブルグを発つ
まずはナミビアの首都、ウィントフック(Windhoek)へ向います。
ヨハネスブルグ空港で、ブリティッシュ航空に搭乗する列に並んでいると、列の中に見たことのある顔が・・と思ったら、Polokwaneで働いている友達だった!彼も年末をナミビアで過ごすのだとか。偶然だね〜なんて話しながら機内に乗り込み、離陸を待っていると、またまた見た事のある顔を発見。今度はスチュワーデスさん。友人の奥さん(スチュワーデスさん)に似てる・・だけど最近会ってないし、別人だったら恥ずかしいし・・と、飲み物を配りながら、私達の席に近付いてくるスチュワーデスさんを凝視する怪しい4人組。とうとう私達の席まで来たスチュワーデスさんに、勇気を出して「あの〜、もしや○○さん?」と聞いてみると、

「やっぱり〜!!私も見た事のある人がいるな〜と思ってたのよ〜!!」と。

人違いじゃなくて良かった〜。
フライト中も時間を見つけては話をしてくれて、「ナミビアで飲んでね!」と、お高いワインまで頂いちゃいました。ありがとー。
しかし同じフライトの中で、2人も知り合いに会うなんて、なんちゅー偶然。
[PR]
by joburg | 2008-03-06 15:57 | 海外旅行