<   2005年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ドラケンでの食事
さてさて、お楽しみ、BRAAI (訳:バーベキュー)でっせ。
食事の下ごしらえをする時間が無かったので、野菜(玉ねぎ・ジャガイモ・トウモロコシ・キノコ類)と肉(牛・鳥・ダチョウ)と酒(ビール・ワイン・テキーラ・ウォッカ)を買い込み、特大サイズのクーラーボックスに詰込みました。今回はロッジ大x1、ロッジ小x2を借りましたが、食事は大きなバーベキュー設備のあるロッジ大で取ることに。重たいクーラーボックスをずるずると引きずってロッジ大へ行くと・・
OH !!

凄い食料の山

そんな事はお構いなしに火を起こし、どんどん肉を投入しませう。
b0053164_2151379.jpg
ワーオ!これぞ南ア!
手前の凄まじく黄色い肉郡は塩胡椒で下味を付けた鶏肉を、ヨーグルト、カレー粉、玉ねぎ&セロリを摩り下ろしたもの、に3時間ほど漬け込んだものです。
b0053164_21545567.jpg

犬も参っちゃう美味しさ

[PR]
by joburg | 2005-05-31 21:49 | 国内旅行
ドラケンズバーグ山脈
先週の金曜日、半休を取って午後から旅へ出て参りました!
えーと、何人だ。
総勢15名・・大名行列でした。

行ったのはヨハネスから南東へ車で3時間の所にあるNorthern Drakensburg。
DrakensburgとはFree State州とKwazulu Natal州の州境にある山脈で、この中にあるドラケンズバーグ公園では4000年前に描かれた洞窟壁画や住居跡が発見され、2000年に世界遺産に登録されています。
私達が泊まったのは、ドラケンズバーグ山脈の北端に1600エーカーの敷地を持つ、The Berg House。一人一泊R150(約2500円)のこの宿は、簡単な調理場とバーベキュー施設が付いていて、食事は自分で準備するという所。このタイプの宿はself catering と呼ばれ、南ア人に人気があります。なんたってバーベキュー&肉大好きな南ア人ですから・・・
敷地内に2人用のロッジが3つ&寝室が4つある大きなロッジが1つ、合計4つのロッジがあり、どれも清潔で広々しているのですが、何より素敵なのが、景色!
b0053164_2135349.jpg

The Berg Houseは丘の上に建っているので、どのアングルからも絶景が望めます。
b0053164_21354485.jpg

は~こりゃいいわ~
[PR]
by joburg | 2005-05-31 21:32 | 国内旅行
今日もいっちょ日本語教えてきやっす
気付けば最後にブログを更新してから2週間弱・・。
日本語教師も後8クラスで・・・終わると思ったら2学期も続けて教えることになっちまった!いえ、誤解のないよう言わせて頂きますと日本語教師のバイト、楽しいんです。自分には全く自然に身に付いた母国語を、外国語として教える難しさはあるものの、生徒の素朴な疑問から、今まで何も考えずに使ってきた日本語を学ぶ楽しさがありますし、何よりも生徒とのやり取りがとても楽しいんですよ☆
けど、最近の学生って口悪いんすね。
Carl君、問題が解けないからって授業中に「Sh*t!」だの「F*ck」だの叫ぶのやめましょ。先生チョーク投げまっすムニカ。生徒のほとんどが同年代、もしくは年上なのですが、年齢関係なく、人の成長を見るというのは面白いですよね~!
あ~この生徒絶対ムリ・・・やる気ゼロやんけ!最初思った生徒ほど、実はめちゃくちゃ出来るスーパー生徒だったり、驚くこと学ぶことがたくさんあって充実しておりまする。先週は(授業は週1回)平仮名のテストをしたのですが、皆頑張って勉強したらしく、平均点が87点!しかも皆、字がとってもキレイ☆
でもさ、私が黒板に書いた字を見て「センセイ ジ キタナイネ」とか言うのやめて。
けっこう傷つくから・・涙


先週の木曜日、スワジランドの王様Mswati 三世が11人目の奥さんを迎えたそうです。
一夫多妻が認められているスワジランドとはいえ、11人・・・ちと多すぎやしないですか?しかもこの王様、自分の誕生日祝いにベンツのマイバッハと、それぞれの奥さんに一人一台新車のBMWを買い与えた方でござる。
いいえ、ボルネオじゃありません。スワジランドの話です。
人口120万人のうち、65%がHIVに感染している極貧国スワジランドです。この王様、海外で英才教育を受けているのですが、培った教養も権力の誘惑には勝てないんでしょう・・。
[PR]
by joburg | 2005-05-30 22:07 | 日本語教師
タイ料理:Chai-Yo
久しぶりの更新。
先月から平日の夜と土曜日に始めた日本語教師の仕事ですが、急に生徒が増えて仕事と日本語教師の両立で白目むいて死にそうになってます。でも日本語教師の仕事はあくまでもサブ。本当の仕事に支障が出ないようにしなければ・・。

さてさて、昨夜は久しぶりに友達と外食をしてきました。場所はヨハネスから50km北にある南アの首都、プレトリアにお住まいのCoco_Sabaaiさんから教えてもらったタイ・レストラン 「Chai-Yo」です。南アのタイ料理屋さん。

雰囲気はカジュアル・アジアンって感じ。(ってどんな感じ・・・?)真ん中にオープンキッチンがあり、少しコロニアル風な内装です、が、和太鼓がありました。(Cocoさん、何で~?)
b0053164_21122116.jpg
まだ時間が早いので、あまりお客さんは入っていません。
b0053164_21133211.jpg
前菜は鶏肉をサッと揚げ、ゴマをまぶしたCrispy Chicken

b0053164_21142146.jpgそしてお決まりのトムヤムクンスープ。
本格的かは分かりませんが、とても食べやすくて美味しい♪

b0053164_21151398.jpgそしてメインはこれまたお決まりの、Angry Duck。野菜の切り方がちょっと「Angry=怒」って感じでしょうか?笑
お値段もそこそこ。サービスも良いので、今度は違う物を頼んでチャレンジしてみたいと思います☆
[PR]
by joburg | 2005-05-19 21:11 |
Avril Lavigneコンサート@南ア初日
Avril Lavigneのコンサートに行ってきました。
会場はNorthridingにあるCoca-Cola Dome。
海外から有名なアーティストが来ると、ここでコンサートを行うことが多いです。(1月のREMコンサートもここでした)
日本で有名な歌手のコンサートに行くと、チケット発売直後にチケットを取ろうと思っても電話が繋がらず、1日中電話が繋がるのを待ってるって事が結構ありますよね?それが南アではとっても間単に短時間でチケットを手に入れることが出来るんです。
まず第一に、海外アーティストの場合、日本と同様、チケットの値段が多少高くなります。Avrilのチケットは一番良いセクション(Golden Circleと言います)で4000円弱、と日本の感覚ではそこまで高くありませんが、日給1000円の南アで4000円はとても高く、この時点でチケット購入の競争率が減ります。

第二に、南アにはComputicketといって「ちけっとぴあ」ネット版のようなサイトがあり、ネット上で簡単にチケットを購入することが出来ます。もちろんネット上で席も選べます。

なので、南アではチケット発売直後ではなく、1週間後でも良い席を買うことが出来るんです。
今回は奮発してGolden Circleを買うことが出来きたので、近くで見れる(であろう)Avrilを楽しみに会場へ行くと、さすがAvril、かなり人が集まってます。客層は小学生~高校生かと思っていましたが、意外と年配の方もいて、下は小学低学年から上は60歳くらいの人まで幅が広いのに驚きました。
b0053164_21194511.jpg一般席(と言っても全てStandingですが)と比べるとGolden Circleの中は動き回れるほど人が少なく、こんなに空いてていいのか・・と思いましたが、前座Tweak(南アのロックバンド)が終わると、
どんどん人が増えてきて、Avrilの曲が始まると、人でギューギュー!!
私はそんなに背が低い方では無いのですが、南ア人はとにかくデカイ!ステージはすぐ近くにあるのに、ぴょんぴょん跳ねたり背伸びをしていないとAvrilが見えません・・涙
b0053164_21202579.jpg
で、コンサートですが、良かった!!

Avrilはとにかく小さくて細くて真っ白でお人形さんみたいでしたが、声はとてもパワフル!1曲目の「He wasn't」からステージ中を駆け回り、客の盛り上がりも最初から最後まで凄かったです(15000人いたそうです)。
途中、Green Dayの「American Idiot」をカバーしたり、Blurの「song2」でドラムを叩いたり、終始退屈しないコンサートでした。
b0053164_2122292.jpg

けど・・コンサートはたったの1時間(前座が長かったけど)。持ち歌以外を含めて1時間って結構短いと思いました。とても良かったのですが、あと2,3曲歌ってほしかったなー。
[PR]
by joburg | 2005-05-08 21:15 | 音楽
イカダクルーズ
OCSのカスタマーパーティーに招待され、Hartebeespoort Damに行ってきました。
Hartebeespoortはヨハネスから北80km程の場所にあるダムで、
湖の周りにはゴルフ場や別荘地が並び、ウォータースポーツが盛んな観光地です。
(私の友人は湖の周りを囲む山でパラセーリングの免許を取りました)

今日のパーティーはこの湖でボートを貸切り、クルージングをするそうです。
お天気が良ければとても気持ち良さそうじゃないですか?
幸い、本日は晴天。

ボート乗り場に到着するものの、ボートがどこにも見当たりません。
良く見ると、岸から200m程離れた水上に家の形をしたボートが浮かんでいます。
b0053164_20495296.jpg

どうやらこの家の形をしたボートがレストラン・クルーズ船になっているらしく、
岸から小型ボートを使って、メインボートへ移動します。
それにしても人口湖だけあって、藻がすごい!結構汚いです・・。
クルーズ船と言えば、ガラス張りのボートで、中でシャンパンを飲んじゃうような高級感漂う船を想像していましたが、このボートは・・・えーと・・ イカダ? 

いえいえ、屋根付きイカダです。


歩くたびに床がミシミシときしみ、その床板が壊れようものなら、
緑色の湖にボットンです。

そして肝心な食事はと言うと、ボートには台所たるものが無いので、
全て岸から運ばれてきます。そしてこれがマズイ!
久しぶりにこんなにマズイ食事をした、ってくらいマズイ

ひぇ・・もう帰りたいなんて思うものの、ここは湖の上なので、勝手に帰る訳にもいきません。
無事に食事が終わると、ここはお決まり。ミュージックタイムです。
台所は無いのにDJブースがあるイカダの上でガンガン音楽がかかり、老若男女かまわず今にも沈みそうなイカダの上で踊り始めました。
b0053164_20512358.jpg
みんなノリノリでとても楽しいです♪こういうふうに他人同士が仲良く踊れるような雰囲気って日本ではなかなか無いですよね。
踊り始めてから2時間。足も痛いし、そろそろ帰りたくなってきました。が、やっぱり皆が終わるのを待たねば帰れません。
イカダの端でボケーッと景色を見ながら、このまま岸まで泳いでやろか!とも思えてきます。
b0053164_20523098.jpg
やっと帰ったのはイカダに乗ってから5時間後!
ちょっとこれ・・疲れます。

ちなみに、プライベートでこのクルーズに乗ると、一人R135(約2300円)です。
イカダからボートにレベルアップしたら(食事を含めて)もう一度行ってもいいかなー?
[PR]
by joburg | 2005-05-07 20:41 | ヨハネスブルグ
Melrose Arch - バー編(Melrose Arch Hotel)
Melrose Archの良い所はバーに入っても、誰もバカ騒ぎしておらず、
静かに会話を楽しみながら飲めること。
Melrose Archには幾つかバーがありますが、そんな中でも最近のお気に入りが
Melrose Arch Hotelのシガー・バー。
Melrose Arch Hotelはヨハネスで一番モダンでお洒落なホテルです。
b0053164_19242686.jpgb0053164_19271438.jpgb0053164_19281612.jpgb0053164_19284831.jpg
ホテルの入り口からリセプションまで時間ごとに色が変わる床が絨毯のように真っ直ぐ伸びていて、左手にはレストラン・禁煙バー、右手には喫煙バーがあります。各階はテーマごとに内装が異なり、エレベーターの中も全面虹色の照明。全ての部屋には液晶テレビとDVDプレーヤーが完備されており、部屋はドアの仕切りがないモダンな造り(洗面所もカーテンです)です。

さてさて、このホテルのシガー・バーは古い西洋屋敷の書斎をイメージして作られており、座り心地の良い重厚な皮の椅子、暖炉、ビリヤード台がの周りを大量の本が囲んでいます。とても落ち着いた雰囲気で、カクテルも充実しています。おつまみで出るここのビルトン(ビーフジャーキー)も美味しくて、何時間でも過ごせちゃいます。

今夜も暖炉近くのソファーでマルガリータを飲みながら、「うちらも、こういうバーで飲めるようになったんだねー」とお互いに感激してました。
学生の時は、「バーで飲む」という事がすごく大人びた行為に感じていたので、こうやって当たり前のようにバーに行くのは不思議な気持ちがします。といいつつも、まだまだ色んな面で成長しなければいけません。これは一時のやすらぎ??!
[PR]
by joburg | 2005-05-06 19:33 |
Melrose Arch - レストラン編(Orient)
月曜日が祝日だったので、
自分の中ではまだ木曜日の気分なのに、実はすでに金曜日。
朝起きて「お!そういや今日はもう金曜日だった」って気付く瞬間いいですよねぇ。
そんな訳で今週はやけにウハウハだったのもあり、ものすごい「飲みに行きたい衝動」に駆られまして、友達を誘ってMelrose Archに行きました。

b0053164_17545679.jpg
Melrose Archは数年前(6年前くらい?)に建設され、企業事務所、高級ジム、
レストラン、ホテル、クラブ、お店、住居などが入っている総合施設です。
ターゲットは20代後半から40代のビジネスマンやOLなので、
モダンで高級感のある造りになっています。
地下駐車場もあり、警備もしっかりしているので、治安面でも安全です。
これはヨハネスで夜遊びするのに不可欠ですからね!

Braamfontein(ダウンタウン)→Rosebank→Sandton(ビジネス街)の順番でヨハネス市内から北へ離れていますが、Merlose ArchはRosebankから5kmほどの所にあり、週末に限らず毎晩大勢のヨハネスっ子で賑わっています。

b0053164_17572296.jpg友人とMelrose Arch内の広場で待ち合わせをし(外で待ち合わせが出来るのも、Melrose Archならでは!)最近オープンしたアジア料理店Orientに行きました。
Orientは現役大学生の中国系南ア人がオーナーのお店ですが、
中華・和食・ベトナム・タイ料理と幅広いアジア飯を食べることができますし、
西洋的アジア(?)な内装で、人気があります。
b0053164_1815781.jpg

地下には一見ホストクラブのような(ビロードの椅子に紫ライト)バー兼喫煙席があり、1階とはまた違った雰囲気を楽しむことが出来ます。

b0053164_1824014.jpg前菜に海老とホタテ餃子の飲茶&生春巻き&ひつまぶし(!!)、メインはベトナム麺の炒め物と中華風チンゲン菜の炒め物を頼みましたが、どれも思ったよりも美味しく本格的でした。
特にひつまぶしに乗っていた沢庵とシイタケの煮物は、本当に日本の味で驚きました。
だいたいこういうお店で食べるアジア飯は外人好みの味付けで苦手なんですが、
Orient、とても良かったです♪
[PR]
by joburg | 2005-05-05 17:51 |
ブルームフォンテイン
レソトを出た後、真っ直ぐヨハネスに戻るのでは味気が無いので、レソトから西へ120kmの所にある都市、ブルームフォンテイン(Bloemfontein)へ寄ることにしました。ちなみに、ヨハネスのダウンタウンはブラームフォンテイン(Braamfontein)です。良く間違えます・・。
南アフリカには3つの首都があります。南アの首都と言われているプレトリアは行政首都。ケープタウンは立法首都、そして最高裁判所がるブルームフォンテインは司法首都です。(憲法裁判所はヨハネスにあります)
ちょうどお昼過ぎにブルームフォンテインに到着し、レストランに入ると・・

「Goeie Dag」

アフリカーンズで「こんにちは」です。席へ案内されるとお客さんが物珍しそうに私達を見ています・・。周りを見渡すと典型的なアフリカーンズ(オランダ系南ア人)ばかりです。大柄(縦も横も)で色落ちしたジーパンに茶色か薄い紺色の半そでシャツをタックインした人達ばかり。私がモソモソとサラダを食べるのを珍しそうに見ています。これって自意識過剰じゃないよね・・?
アフリカーンズの人達は一度仲良くなると、とても優しい人達ですが、私はアフリカーンズがちょっと苦手です。あの一見人を見下すような態度と発言が気に障ることがあります。こう思うのは歴史の影響が強いのかもしれません。ウェイターも10人中9人が白人、客は100%白人。少しだけアパルトヘイト時代の南アを見た気がしちゃいました。アフリカーンズを勉強中の相方は頑張ってウェイターさんと会話をしていました。
えらいぞっ!
b0053164_2333371.jpg

途中の道で見た紅葉。

b0053164_23341875.jpg
金色に光ってとても綺麗な葉。これって何の木なんだろう?
[PR]
by joburg | 2005-05-01 23:22 | 国内旅行
レソトが抱える問題
レソトでのハイキングは次回に取っておいて、(今度はここに泊まりたい→Malealea Lodge)南アフリカに戻ることにしました。国境はすいており、簡単に出国手続きを終えることが出来ました。こんなポスターが通関に貼ってありました。
b0053164_2219834.jpg
世界中で問題になっている人身売買・性的搾取は南アフリカでも大きな問題になっています。
アフリカの中でも経済的に豊かな南アフリカには、中央アフリカ、南部アフリカの貧しい国々から女性が集まり、トラフィッキングのメッカとなっています。
大半の女性が「南アフリカで仕事があるから」とのマフィアの言葉を信じ、南アの売春宿で強制労働を強いられます。貧しいレソトもその例外では無いようです。
衛生状態の悪い場所で働き、性病だけに限らず、体調を崩すことがあっても適切な処置を受けることが出来ず、死亡するケースも少なくはありません。エイズに感染し、売春宿のオーナーから追い出されたものの、家に帰るとエイズを恐れて家族からも拒否され、仕方なく道端で売春を再開する人も多くいます。このようなNGOやHelp Lineがもっと増えて欲しいものです。
[PR]
by joburg | 2005-05-01 22:19 | 海外旅行