カテゴリ:国内旅行( 35 )
今度こそ、ケープ見納め?
昨年末に「もう最後かもしれないし」とケープタウンへ行ったのに、今年に入って再びケープタウンへ行く事になりました。しかも1泊2日の強行スケジュールだったので疲れました・・。ケープタウンに到着した日は残念ながら小雨が降っていましたが、空港でレンタカーを借りて喜望峰へ向うと、喜望峰に到着する頃にはお天気が復活!いつもは喜望峰の灯台まで登って、それから車で喜望峰のふもとにある「Cape of good hope」と書かれた標識で写真を撮るのがお決まりコースですが、今回はお決まりコースの後に、喜望峰国立公園にある休憩エリアを探索してみました。するとこんな綺麗なビーチを発見。
b0053164_23595888.jpg
ヒザまで海に入ると水が冷たくて気持ちいい!寒そうだったけれど泳いでる人もいました。こんな綺麗なビーチが喜望峰にあるなんて今まで知りませんでした。ここはオススメ!
翌日、お天気は良かったのですが、強風のためケーブルカーが止まっており、テーブルマウンテンには登る事が出来ませんでした。その代わり、ずっと行ってみたかったMilnertonという場所へ行きました。よく南アの絵ハガキに、海越しにテーブルマウンテンが写っている写真があるのですが、この景色を見られるのがMilnerton。ケープ市内から車で15分くらいと近いのですが、何故か今まで一度も行った事がありませんでした。
b0053164_04212.jpg
真っ白なビーチとエメラルド色の海とケープ市内とテーブルマウンテン。下手っぴな写真では伝わらないけれど、本当にキレイだったんです。ここから夕日を見たかったな〜。
このビーチは風がとても強く、私は常に自分の髪の毛が口に入ってる状態だったのですが、この強風を利用して大勢の人達が身体に帆を結びつけて飛び回ってました・・ってこの文章絶対おかしいですよね。身体に帆を結んで飛び回るって、何かのホラー映画みたいじゃないですか。えーと、上手く説明が出来ないので写真を。
b0053164_0152860.jpg
素足で砂浜を飛んでいる人もいれば、足にボードを付けて、波に乗ってウィンド・サーフィンならぬウィンド・ボードをしている人もいました。このスポーツって何て言うんでしょうね。パラグライディング?ウィンドジャンピング?分からないけど、面白そうでした。

このビーチ(Dolphin Beach)を更に進むと、もっと綺麗にテーブルマウンテンが見える場所があるそうです。
[PR]
by joburg | 2007-02-06 00:18 | 国内旅行
写真追加
先週末からバタバタしているjoburgです。日曜日に兄がヨハネスブルグへ到着し、翌日の月曜日にはサンパウロへ発ち、今日はアメリカから友達が到着・・なのに昨日お昼に食べたクスクスにあたったらしく、今日は外出出来ない状態。そこで彼にお願いして友人を空港へ迎えに行ってもらいました。

今日到着した友人が乗ってきた飛行機はアメリカのDelta航空。なんと今日がDelta航空にとっての初ヨハネスブルグ便。初運行という事もあり、機内では通常以上のサービスがあったみたいです。うらやましい!そしてオリバータンボ空港(もうヨハネス空港じゃないのよね・・O R Tambo空港に変わりました。でも空港コードはJNBのままです)の到着ゲートではZuluダンサー達が伝統的なダンスを踊っていたそうです。見たかったなー。

先日行ったケープタウン旅行。一緒に行った友達が彼女の日本の携帯で撮った写真をくれました。携帯なのに300万画素もあって、本当にキレイ。色も何かカッコイイ・・という訳で写真をドーンとアップします。
b0053164_1172864.jpg

b0053164_118258.jpg

b0053164_1191864.jpg

b0053164_1201566.jpg
このお花の名前が分からないのだけど、「タンポポ」さんなら知っているかな〜?!


今日腹痛を我慢して晩御飯の食材を買いにスーパーへ行ったら、レジの人に「あなたはフィリピン人でしょう」と言われました。南ア人がフィリピン人の顔を認識出来るっていうのにも驚いたけれど、中高時代は本当によくフィリピン人に間違えられる事があったので、何だか懐かしい(?)気持ちになりました。単に昔から色が黒い・・という事です。
[PR]
by joburg | 2006-12-06 01:25 | 国内旅行
愛車
ブログ初登場。これが私の自慢の愛車でございます。
b0053164_419823.jpg
2006年モデル、VW Passat 2.0L、情熱の赤。


I WISH!!!!


これはケープタウン旅行中に借りていた車です・・(涙)。いつもは一番安いVW ChicoやToyota Tazzを借りていますが、今回は3人での旅行だったので、カムリ・クラスの車を借りる事に。そして空港のレンタカー事務所へ行くと、用意されていたのはVW Passatでした〜。これには無類の車好きの相方は大喜び。3日間運転している間に、Passatを眺めては「俺の愛車」と言っていました(笑)。私も少し運転しましたが、カタイ!そしてパワフルなのにスムース!個人的には車体が大きいのが少しネックでした。でもこの赤が素敵!!この色大好きです。ごめんね、シトロエンちゃん・・浮気しちゃった。

そして今回の宿泊先はネットで見つけたケープタウン市内にあるマンション。本当にケープタウン市内の中心地(ケープタウン中央駅のすぐ近く)にあって、とても便利でした。b0053164_4304375.jpg

建物自体はとても古いのですが、中は全て改装してあり、とてもモダンでお洒落なロフトユニットでした。
そして何より良かったのが、私達が泊まった部屋はマンションの7階。なんと部屋からテーブルマウンテンが見えるんです!
b0053164_4293049.jpg

もいっちょ。
b0053164_4322438.jpg
窓際に座ってipodでJohn Mayerを聴きながら眺める景色は最高でした(ちょっとお洒落ぶってみました・・似合わん)。こんな所に住んでいたら、完全ヒキコモリ生活決定ですね。お洒落だし清潔だし景色は奇麗だし立地条件は良いし・・もっと泊まりたかった〜!!!
ちなみに往復航空券と、こんなにラブリーなレンタカー、そしてオサレな宿泊先(3日間)で、1人3万円強で旅行をする事が出来ました。安い!

人気blogランキングへ
[PR]
by joburg | 2006-11-28 04:39 | 国内旅行
やっぱりテーブルマウンテン
ケープタウンの見所と言えば、やっぱりテーブルマウンテンでしょう!海、街、そして突然表われる標高約1000mのテーブルマウンテン。何度見てもこの不思議なコンビネーションには圧倒されてしまいます。お天気が良くテーブルマウンテンに雲がかかっていなかったので、テーブルマウンテンの麓にあるケーブルカー乗り場へ行くと、そこは朝だと言うのに人だらけ!!
b0053164_355210.jpg
世界的な観光地として有名なケープタウンは11月から観光客が急激に増えます。ドイツ人から日本人から中国人まで、色んな国から来た観光客で賑わっていました。1時間弱並んでやっとケーブルカーに乗る事が出来ました。ちなみに、このケーブルカーの券ってスゴク高いんです。往復で約2千円(オフシーズンは若干安くなります)。こんなん毎回払っていられっか!!という訳で、私は毎回ちょっとした裏技を使って安く乗っています。すいません、ケープタウン観光局様。
テーブルマウンテンの上のレストランで朝食を取り、朝食を狙う鳥と格闘しながら、美しい景色を堪能しました。
b0053164_358435.jpg
このずーっと先が喜望峰。
b0053164_403866.jpg
ケープタウン市内。遠くで雨が降っていますね〜。雨の境目ってキレイ☆


人気blogランキングへ
[PR]
by joburg | 2006-11-28 04:11 | 国内旅行
チチカンマ国立公園
後ろ髪を引かれる思いで世界一のバンジーを後にし(笑)、チチカンマ国立公園へ到着。と、その前にお腹が空いていたので昼食を取る事にしました。唯一見つけたレストラン(兼ゲストハウス)はカントリー系で統一されていて落ち着いた雰囲気。オーナーはアイルランド人らしく、食事にはコダワリがあるらしい(とメニューに書いてあった)。何を注文するか迷っていると、ゲストハウスの女主人が「Cape Bean Soupはお勧めよ。最高に美味しいわ」と教えてくれたので、それを注文する事に。注文を終え、食事が来るのを待っていると、やたらと奥の方からチーン チーンと聞こえる。この音は明らかに


電子レンジ


え・・食事にはコダワリがあるんじゃなかったんですかい。
テーブルに運ばれてきたスープを一口食べて、アイルランド人は嘘つきである事が判明(笑)。確かにBean soupである事には間違いはないんだけど、明らかに豆の缶詰を2、3種類混ぜ合わせて塩をふりました、という感じ。味の奥深さとか何処へ行っちゃったの?と効きたくなるほど無味。母親と相方が注文した物は何かが欠けている気がするものの、まあまあ食べられました。けれお、これも電子レンジの賜物だったのか!?

とりあえず食事を終え、チチカンマ国立公園へ入園。チチカンマ国立公園は海岸沿いにあるので、景色がとてもキレイ!
b0053164_0155854.jpg
海岸には宿泊施設やキャンプ場があり、一度泊まってみたいと思ったものの、波の音がウルサくて寝られなさそう・・なんて思ったり。
ケープタウンのテーブルマウンテンにもいるダッシー(Dassie、モルモットみたいな動物)がたくさんいました。b0053164_0272610.jpg

種類が違うのか、ケープタウンのダッシーより大きくて丸い!
つぶらな瞳がたまらない! 
公園内はこんな感じ。
b0053164_0312812.jpg

b0053164_0343745.jpg



ダッシーの瞳にドキュン☆FC2 Blog Ranking
[PR]
by joburg | 2006-07-21 00:56 | 国内旅行
世界最長バンジー
翌日はナイズナから海岸沿いに北へ運転してチチカンマ国立公園(Tsitsikamma National Park)を目指します。そして途中・・通ってしまった、見てしまった


世界最長バンジーを!


ご存知かもしれませんが、私は無類のバンジー好き。よくよく考えなくても、バンジーやスカイダイビングなどは命の危険をおかすだけで、何一つ利点が無い・・。アドレナリンのみ、という何とも訳の分からないスポーツ(?)。けれど、「世界最長バンジー」の「世界最長」って所にどーしても惹かれてしまう。
b0053164_2345316.jpg
これが世界一のバンジー。なんてったって脅威の216m!!(hinoe-umaさんのブログにはジャンプ台から見た谷底の写真が・・怖いよ!)
ハッキリ言って、落下中に気絶する可能性大です。世界一のバンジーなので、ここから飛ぶために南アへ来る人もいるんだとか。その為か、近くにはバンジーを見られるカフェや宿泊施設までありました。私は・・と言うと、①母親同行、②バンジーに適した格好をしていない(飛ぶならお洒落に飛ばないと?)、③寒い(この日は天気が悪くて本当に寒かった)、という言い訳みたいな理由で今回は飛ばないことに決定。相方は、と言うと高さを見た瞬間に飛ばない事を決意していたらしい。週末だからかバンジーは意外と混んでいて、カフェから2人のバンジーを目撃。落下時間が長い長い。
お土産物を販売している店では、オフィシャル・世界一バンジーTシャツが売っていました。このTシャツがカッコいい!「でもこれは飛ばなきゃ着れないよね・・」と相方と話し、南アを出る前に必ず飛ぶ事を約束し、次から次へと飛んでいる人達を後にチチカンマ国立公園へ向いました。チャンチャン♪
(このバンジーの運営会社がシッカリしてそうだったのも安心)

ウジウジしないで早く飛べ〜☆FC2 Blog Ranking
[PR]
by joburg | 2006-07-21 00:04 | 国内旅行
♪牡蠣祭り♪特大oysterに出会った〜
昨日の屈辱を晴らすべく、朝起きてからまずOyster Companyへと向いました。
すると・・あるある、昨日食べた牡蠣よりも数倍大きな牡蠣がワンサカ!
b0053164_41123.jpg
今日の晩御飯用に天然(特大)半ダース、(大)半ダースと養殖(大)半ダースを購入。その場で殻を剥いて箱に詰めてくれるので新鮮そのもの!(ちなみに、殻が剥いてある牡蠣の事を"topless"と言います)
b0053164_412817.jpg

値段はR190(約3千円!)くらい。ナイズナの内海を見ながらB&Bへ戻り、早速1つ食べてみました。
厚い!
これこそ期待していた牡蠣!
いくつでも入りそうでしたが、今は我慢してお楽しみは夜に取っておこう・・b0053164_45232.jpg
左が養殖の殻。右が天然です。天然の方が殻が大きく、形が悪いけれど、味は格別!!
b0053164_471760.jpg
し・あ・わ・せ

FC2 Blog Ranking
[PR]
by joburg | 2006-07-15 04:13 | 国内旅行
♪牡蠣祭り♪ Knysa Oyster Company
まず向った先は、ナイズナの牡蠣の取り扱いを一手に引き受けている会社が経営しているレストランKnysna Oyster Company b0053164_635767.jpg

さすが「牡蠣祭り」開催中だけあって、2時頃だったのにレストランは満席に近い状態。
席へ案内されるとテーブルの上に期間限定の特別メニューが置いてあります。内容はとてもシンプル。養殖と天然の牡蠣が大・中・小。他には南アの海鮮レストランではお決まりのFish and Chipsや海老、イカなどをグリルした物など。昂る気持ちを落ち着かせながら(大げさ)注文を取りにきたウェイターに、

「養殖と天然の大!!」

と勢いよく注文した・・・が な・なんと大・中は午前中に売り切れてしまい、小しか残っていないとのこと。ガーン。恐るべし牡蠣祭り!そこで養殖(小)を1ダース(白ワイン1本付きで1600円くらい!)、天然(小)を半ダース、海老1ダースを注文。人一倍強い食べ物に対する執着心むき出しの母娘に呆れ返っていた相方は大人しくFish and Chipsを注文。そして母娘より激しくブーイングの嵐を浴びる(Fish and Chipsならヨハネスでも食べられるだろ〜、と)。

15分後に到着した牡蠣を見て、今まで騒いでいた母娘絶句。b0053164_6461424.jpg


小さすぎ〜!
そして身を取り出して更に驚愕。
ウスッ!!
(ウッスじゃないよん。あ〜やっちゃった)
牡蠣ってのは人間に例えるならば妊娠8ヶ月くらいの膨らみがあってもいいんじゃないか?それなのに目の前に身を横たえている牡蠣様はスーパーモデルも驚きの細さ。小さい殻の中にへばりつく姿も何だか惨めで涙を誘う・・。しかしながら、味は良い。磯臭さがほとんど無い。嬉しいんだか悲しいんだか分からない状態で天然牡蠣へ移ります。
b0053164_6531815.jpg
養殖モノより更に身が薄い・・・
ここら辺で投げやりになり、無言で牡蠣を口に放り込み始める母娘。
しか〜し、天然の牡蠣は全く磯臭さが無くて、信じられないほどアッサリしていた。牡蠣の臭いが苦手な人でも食べられそう・・というより、牡蠣を食べている感じがしない(良い意味で)!これには本当に感激しました。次に来た海老のグリルは新鮮で美味しかったし、結果オーライの「牡蠣との遭遇」第1回を無事終了。

午前中であれば「大」がある事を確認し、明日の朝に勝負をかける親子であった。

海外情報のアフリカ・中近東ランキングで1位になりました!!ありがとうございます☆うれし〜。FC2 Blog Ranking
[PR]
by joburg | 2006-07-13 07:03 | 国内旅行
ウィルダネス国立公園(Wilderness National Park)
b0053164_4581250.jpg

海沿いのドライブは最高だ〜♪
やっぱりガーデンルートはキレイ!
ナイズナへ行く途中、ジョージから15Kmの場所にあるウィルダネス国立公園(Wilderness National Park)へ寄りました。国立公園の中をのーんびりとドライブ。
b0053164_523068.jpg
こんな湖を見ながら・・
b0053164_565238.jpg



こーんな道を40分程かけて運転しました☆
高速道路に再び戻り、ナイズナまで一気に運転。ナイズナ到着後は真っ先に今回予約した宿泊先へと向います。南アを旅行する場合、宿泊先はホテルよりも断然ゲストハウスやB&Bの方がお勧め!サービスも良いし、清潔なうえに値段も安い。観光地へ行くと選択肢はたっぷりあるので、自分の雰囲気にあった宿に泊まる事が出来ます。B&Bを探す時はこのHPを使う事が多いです。b0053164_5213561.jpg
今回泊まるのは相方が頑張って探してくれたナイズナの内海(ラグーン)に浮かぶ島に新しく建設された住宅地の中。
清潔感があって(これは重要!)、デザインもモダン。外食に期待出来ない南ア旅行には必須の「台所付き」!!これで不味い南ア料理じゃなくて母親の手料理が食べられる〜♪ 南アのレストランごめんなさい。けれど大半が金額と味が釣り合ってないんだもよ・・そこらへんの改善よろしく。
荷物を置いた後は早速お目当ての牡蠣〜!!

FC2 Blog Ranking
[PR]
by joburg | 2006-07-12 05:23 | 国内旅行
ファンコート・ゴルフ場
日本から遊びに来ている母親と一緒にナイズナ(Knysna)へ行ってきました。
目的は7月からKnysnaにて毎年開催されるOyster Festival牡蠣祭りです!!今こちらは冬なので牡蠣のシーズンなんですね。このお祭り中は普段よりも牡蠣が安く食べられる・・と聞いて牡蠣好き親子は行く前からウキウキ気分☆
b0053164_5522410.jpg
ナイズナへ行くにはヨハネスからジョージ(George)という都市へ飛行機で行き、そこから車でナイズナへ向います。ジョージはケープタウンから東に500KM、ナイズナはジョージから更に海沿いに50KM程の所にあります。
ジョージと言えば、景色が奇麗なガーデンルートでも有名ですが、最近では宮里藍ちゃんが国別対抗試合で初めて優勝したゴルフ場、ファンコート(Fancourt)がある事でも有名です。残念ながら私はゴルフに全く興味がないので、ファンコートのコースは誰々が設計した・・と聞いてもサッパリ分かりませんが、何でもかなり難しいコースだとか?(すいません、本当に分からない)まぁせっかくジョージに来たのだから、という事でジョージに着いた後、ジョージ市内探索のついでにファンコートへ寄る事に。
b0053164_5585974.jpg
芝生と植物の手入れが行き届いている。
ホテルが高そう。
白人の従業員多し。
・・・
こんな感想しか抱けませんでした(笑)。
ゴルフ好きの母親はファンコート内にあるお店で父親のお土産を買っていました。さてさて、ナイズナへ向いましょう。
[PR]
by joburg | 2006-07-11 06:03 | 国内旅行