カテゴリ:ヨハネスブルグ( 29 )
ヨハネスブルグの町並
冬とは思えないほど暖く気持ちよい日だったので、ドライブに行ってきました。
週末は車が少ないので、とても楽しく運転できます♪ 
窓をあけて爽快ドライブ~!
b0053164_2140169.jpg
高速N1で南下すると、左手にヨハネスの街が見えてきます。

b0053164_21413545.jpg
別アングルから。手前に写っているのがNelson Mandela Bridgeです。上が青い円柱の建物は悪名高きVodacomビルです。(ナイジェリア人の麻薬取引人が住んでいるとか・・)

b0053164_2143413.jpg

ちょっと東京の首都高と似てる??!

[PR]
by joburg | 2005-08-13 21:37 | ヨハネスブルグ
Walk the World@Johannesburg
WFP (世界食糧計画)が主催しているイベント、Walk the World へ参加してきました。
Walk the World は、WFPと物流会社TNTが2003年に始めたイベントです。時差はありますが、世界各国で同じ日、同じ時間に歩き、飢餓の問題に対する認識を高め、飢えに苦しんでいる子供達の為の基金を集めることが目的です。

昨年は6月20日に70ヶ国で4万人の参加者が歩いたそうです。
今年は6月12日の朝10時から。20万人が参加すると予測されています。

南アフリカではヨハネスブルグとケープタウン2ヵ所で、このイベントが開催されました。ヨハネスブルグで歩く場所はヨハネスブルグ動物園内です。なかなか外を歩く機会が無いので、喜んで参加することにしました。b0053164_23121428.jpg

9時半に動物園に到着すると予想以上に人が集まっていました。
参加費一人R40(約650円)を支払い、中に入ると、皆が集まっている広場には音楽が流れ、屋台が出ています。
b0053164_2313171.jpg
10時過ぎにスタート。園内を5Km歩きます。
南アの動物園に行くのは初めてですが、敷地が大きくて驚いてしまいます。これじゃさぞかし動物ものびのびと暮らしてるんだろうな・・と思いきや

動物のスペース せまっ!!

ライオンなんて炎天下の下、10畳ほどの芝生の上に放置されてるし、クマは小さなプールの周りをぐるぐる歩いてるだけだし、何よりどの動物もちょっと手を伸ばせば触れそうなんです。
b0053164_23143255.jpg


見よ!ズーム無しでこの近さ・・!
柵が低い低い。
助走して飛べば誰でもあっと言う間に動物と戯れることが出来ます。
だだっ広い動物園の中を散歩ペースでゆっくり歩き、Walk the World@ヨハネス終了!
帰りに一人R10(約160円)の寄付をして、さー飯食いに行くぞ!
[PR]
by joburg | 2005-06-13 23:08 | ヨハネスブルグ
イカダクルーズ
OCSのカスタマーパーティーに招待され、Hartebeespoort Damに行ってきました。
Hartebeespoortはヨハネスから北80km程の場所にあるダムで、
湖の周りにはゴルフ場や別荘地が並び、ウォータースポーツが盛んな観光地です。
(私の友人は湖の周りを囲む山でパラセーリングの免許を取りました)

今日のパーティーはこの湖でボートを貸切り、クルージングをするそうです。
お天気が良ければとても気持ち良さそうじゃないですか?
幸い、本日は晴天。

ボート乗り場に到着するものの、ボートがどこにも見当たりません。
良く見ると、岸から200m程離れた水上に家の形をしたボートが浮かんでいます。
b0053164_20495296.jpg

どうやらこの家の形をしたボートがレストラン・クルーズ船になっているらしく、
岸から小型ボートを使って、メインボートへ移動します。
それにしても人口湖だけあって、藻がすごい!結構汚いです・・。
クルーズ船と言えば、ガラス張りのボートで、中でシャンパンを飲んじゃうような高級感漂う船を想像していましたが、このボートは・・・えーと・・ イカダ? 

いえいえ、屋根付きイカダです。


歩くたびに床がミシミシときしみ、その床板が壊れようものなら、
緑色の湖にボットンです。

そして肝心な食事はと言うと、ボートには台所たるものが無いので、
全て岸から運ばれてきます。そしてこれがマズイ!
久しぶりにこんなにマズイ食事をした、ってくらいマズイ

ひぇ・・もう帰りたいなんて思うものの、ここは湖の上なので、勝手に帰る訳にもいきません。
無事に食事が終わると、ここはお決まり。ミュージックタイムです。
台所は無いのにDJブースがあるイカダの上でガンガン音楽がかかり、老若男女かまわず今にも沈みそうなイカダの上で踊り始めました。
b0053164_20512358.jpg
みんなノリノリでとても楽しいです♪こういうふうに他人同士が仲良く踊れるような雰囲気って日本ではなかなか無いですよね。
踊り始めてから2時間。足も痛いし、そろそろ帰りたくなってきました。が、やっぱり皆が終わるのを待たねば帰れません。
イカダの端でボケーッと景色を見ながら、このまま岸まで泳いでやろか!とも思えてきます。
b0053164_20523098.jpg
やっと帰ったのはイカダに乗ってから5時間後!
ちょっとこれ・・疲れます。

ちなみに、プライベートでこのクルーズに乗ると、一人R135(約2300円)です。
イカダからボートにレベルアップしたら(食事を含めて)もう一度行ってもいいかなー?
[PR]
by joburg | 2005-05-07 20:41 | ヨハネスブルグ
午後から1時間ほど雨が降り、その後晴れ、こんな空になりました。
凄く綺麗だったのにデジカメを持ってなかったので携帯でパチリ。
b0053164_1763044.jpg

[PR]
by joburg | 2005-02-24 16:55 | ヨハネスブルグ
高いの~
新しい住居を探してます。

今住んでいる所は会社から車で10分だケド、近くにスーパーもコンビニもあるケド、警備もしっかりしてるケド、家賃がべらぼう高いんです。今のアパートは、経済の中心地と言われているSandtonにあって、大手町のど真ん中に住んでいる感じ(経済規模は比べものにならないけれど)ですから多少高くても当たり前なんだけど、日本でもこの家賃払わねーだろっ!という異常レベルなんです。

近所に最近建ったアパートは2LDKで家賃が一ヶ月R30,000。日本円にすると50万ちょいですよ!確かに間取りは日本よりかは広いけど、50万って。ねぇ?
Sandtonを少し離れると家賃がグンと安くなるのですが、治安と便利さを考慮すると多少の額を払ってもSandtonに住みたい方が多いみたいです。こういう高級住宅のほとんどはSecurity Complexと言って、電気柵の付いた高い塀に囲まれた敷地内に家が10軒ほど入っており、敷地へ入るには門に設置されている受付で名前と訪問先を明記しなければいけません。もちろん警備員が24時間おり、至るところに監視カメラが付いています。個々の家にも玄関、寝室の入口に鉄格子が付いている家が多く、治安の悪さが伺えます。ただ幾ら警備がしっかりしていても、高級住宅地という事で狙われやすいですし、普段から気を付けていれば、Security Complexの様な警備が無くても平気なんですよね。と言いながら私も治安面で不安なので、出来る限りSandton付近である程度の警備が付いている家を探してます。
ヨハネスで2LDKの相場が4万~6万なので、探せば絶対10万弱で見つかる!!と新聞広告を見ていると、あれれれれ。10万弱の物件。あるわあるわ。しかもSandton中心地で。2LDK,プール・警備付きで8万弱ってのもありました。
b0053164_1738715.jpg

実際に見なければ分からないですが、安いやん♪何でこんな安いんだろー?と思ったら、分かりました。個人で取引してるからなんですね。
不動産会社を通すと、手数料が発生しますが、調べると南アの不動産会社が取る手数料の額って半端じゃない・・。かと言って個人取引の場合は、不動産会社の審査が入っていないので、オーナーに問題があったり、契約書が正しくなかったり・・という問題もあるみたいです。
けど私には20万円の家賃なんて払えないよー!!当分は家探しで週末が潰れそうです。
[PR]
by joburg | 2005-01-20 17:55 | ヨハネスブルグ
憂鬱
ヨハネスはまたもや雨です。
普通は夕方の5時頃から2時間ほど雨が勢いよく降るけれど、
日中は真っ青な青空・・のはずなんだどなー。
b0053164_18151196.jpg

ここ数週間は昼前から雨が降って、一日中止まないことがしばしば。

お天気でこんなにも気分が左右されるなんて、もうヨハネスに慣れてきた証拠かな?
[PR]
by joburg | 2004-12-19 18:11 | ヨハネスブルグ
この時期のヨハネス
すごい雨です。
豪雨です。
b0053164_1721246.jpg

夏のヨハネスは毎日夕方になると凄まじい雷と雨に襲われます。
b0053164_1723061.jpg

車が溺れそう。
[PR]
by joburg | 2004-12-16 00:01 | ヨハネスブルグ
World AIDS day
今日12月1日はWORLD AIDS DAY。

各地で色んな催しが行われ、事務所近くのラジオ局で開催されたイベントでは、一斉に何百の赤い風船を解き放たれていました。
b0053164_033721.jpg

南アフリカでは、成人国民の22%がHIV陽性、毎日1700人が新たに感染、去年は37万人がHIVによって亡くなっています。2050年には人口が現在の4500万人から4000万人に減少するとも予測されている、悲惨な現状です。

世界で最もAIDS率が高い国、南アフリカ。

南アは未だ男尊女卑が根付いています。男性の要求に対して女性が首を振ることは失礼だし、夫の浮気を見て見ぬふりをしている女性が大勢います。子供を多く産む女性に価値があると思われている社会がゆえに、避妊を求めると周囲から妙な目で見られてしまいます・・

私と言えば、中学に通うまで、エイズなんて聞いたこともありませんでした。ちょうど中学に入学した頃、アメリカでもエイズ教育が義務付けられ、エイズという病気を始めて知りました。それ以来、新聞やテレビでちょくちょくエイズという言葉を耳にするようになり、こういう情報を頭の隅っこで覚えていたんだと思います。HIV感染者を取り巻くモラルの問題など、私にとっては「知識」でしか存在せず、実際に「エイズ」という病気が実在するのかさえも良く分かっていませんでした。けれど大学の時に卒論研究のために滞在させてもらったタイのエイズ孤児院で初めて「エイズ」と生活し、今までのエイズ教育が身に染み込む貴重な経験をしました。

エイズ教育は重要です。先進国の大人達にお願いしたいのは、「生きた」エイズ教育の普及。エイズという恐ろしい病気を教えるだけではなく、HIV感染者との交流を図り、彼らがいかに「普通」の生活が出来るかなど理解を深めることが大事だと思います。

まずは30分のエイズ教育を。覚えてる人は覚えているんです。
b0053164_045542.jpg

[PR]
by joburg | 2004-12-02 00:10 | ヨハネスブルグ
44 Stanley
数年前からヨハネスのダウンタウンでは再開発計画が行われています。

監視カメラの設置により犯罪は減少しているらしてく、銀行の本店が軒を連ねるビジネス街では日中白人が歩いてる姿が見られるようになってきました。
最近ではNewtownにあったwarehouseを改造して、アートセンター、クラブ、レストランなどを設置するなど、ヨハネスブルグは再びポップカルチャーの中心地となりつつあります。

そんな中でも最近のお気に入りは44 Stanley。Wits大学の近くで、写真スタジオなどが多く集まっている通りに出来た新しい遊び場。日本でも通用するようなお洒落なカフェ、クラブ、ショップなどが揃っている割には、良い感じに力が抜けていて、とてもアットホームな雰囲気です。
b0053164_1753852.jpg

ここにあるBetty's Tea Roomのオーナーが友達なので、おいしいエスプレッソを割引してもらい、隣のJust*でお買物。ここにはヨハネスブルグにちなんだTシャツなどがあり、ありきたりのお土産に飽きた人にはお薦めです。
今回は「I DIG JO'BURG」T-shirtを購入。日本の友達へのお土産。

どんなに危なくなろうとも、ヨハネスブルグがゴーストタウンになる事はあり得ないでしょう。
[PR]
by joburg | 2004-10-30 16:49 | ヨハネスブルグ