カテゴリ:ヨハネスブルグ( 29 )
帰国前のジンクス
・・・という訳で先週日本へ帰国致しました。

と一行で書くと、何事も問題なくスムースに帰国したように聞こえますが、
本当は大変だったのよ~!!

海外駐在員の間では有名な「帰国前のジンクス」。
帰国前は帰国準備の忙しさに焦ったり、反対に帰国準備が整い気を許してしまったりと、ジンクスとは「帰国前は事故にあいやすい」というもの。

せっかく南ア滞在中は危険な目に遭うことなく生活出来たのに、帰国直前に事故に遭ってしまうと、最後に悪い思い出を残すことになってしまいます。

事故にあって一番避けたかったのは、事故がきっかけで南アフリカを嫌いになってしまうこと。

だからこそ、このジンクスが実現しないように、帰国前の1ヶ月間は普段以上に気をつけて生活していました。そして帰国準備も順調に進み、荷物も配送し、家具も車も売り払い、空港へ行く前にドタバタするのを避けるため、最後の数日間滞在するホテルも手配。ホテルへ移る前日、家の最後の掃除をしていたら、台所から彼の「水が出てる!!」との叫び声が。

水? 何の水? 

蛇口がちゃんと閉まってなかったのかな~、と台所へ向かうと、なんと・・


床から水が出ていた


我が家の台所の床はフローリングなのですが、その一枚一枚の木の板の間から、水があふれ出ている状態。ジャージャー大量に出てはいませんでしたが、床を軽く踏むと、水が浮かび上がってくるんです。

慌てた私達はまずPlumber(配管工)に連絡・・と思ったのですが、この日は土曜日の夜9時。南アは大半の会社が週末はお休み。もちろんPlumber含め・・。けれど週末にだって配管に何らかのトラブルがあって配管工を呼ばなければいけない時は南ア人にだってあるはず。とりあえず電話帳やifind(携帯でキーワードを入れて電話番号を検索できるサービス)で近くのPlumberに片っ端から電話してみるものの、みーんな営業しておらず。そしてなんと「24時間営業」や「緊急サービス受付」などと謳っているPlumberも電話をしても留守電だったり「うーん、今日は都合悪いんだゴメンネ、などと言われたり、皆やる気ゼロ!
大家に電話をすると大家も「じゃあPlumberを呼ぶのは月曜日ね」と鼻っから週末にPlumberを呼ぶことは頭に無いよう。おーい・・。あなたの家なのに。

そして電話を掛け続けていると・・見つかりました!土曜日でも営業しているPlumberが。
彼はSandton(新ビジネス街+高級住宅街)の近くにあるヨハネスブルグでも有数の治安の悪さを誇る(?)Alexandraというタウンシップに住んでいるらしい。ど・・どんな人なんだろう、とドキドキしながら彼の到着を待っていました。
けれど実際に到着したAlexandraのPlumberは・・めちゃくちゃ良い人!!!!とても真面目でプロフェッショナルな彼に私達は大喜び♪ 結局原因は台所の流しに通じるパイプの亀裂。流しの下にあるキャビネットの裏を通っているパイプなので、キャビネットに穴を開ける必要があるため、作業は翌日の朝再開してくれることに。そして翌日の朝、約束の時間ピッタリに来てくれて、あっという間にパイプの亀裂を直してくれました。立ち会った大家も作業の手際良さと値段の安さにビックリ。こういう風に一生懸命仕事をしてる人がもっと評価されたらいいのに・・。

ともかく水も止まったし、費用は大家持ちだったし、帰国2日前に問題クリア!

ホテルに移動して、帰国の前日は最後のヨハネス・ドライブに行こうと約束していた私達・・ですが彼が食中毒になり終日寝込んでしまいました・・。引越しや帰国準備で疲れてしまったんでしょうね。幸い翌日の帰国日には体調も大分良くなり、無事に飛行機に乗ることが出来ました。

帰国前のジンクス、本当だった?
[PR]
by joburg | 2007-04-05 15:35 | ヨハネスブルグ
クリスマスどこ〜?!
b0053164_18414260.gif

あぁ何故でしょう。クリスマスなのに、ここヨハネスブルグは完全にフツーの日。今日明日と祝日なので、4連休の南アフリカです。今日明日は多くのお店が閉まっているので、今朝は唯一営業しているガソリンスタンド内にあるコンビニで食材やらコーヒーやらを買う人で混み合っていました。どこからかクリスマスキャロルが聞こえてくる訳でもなく・・本当にフツー。しかも信仰深いご近所さんが少ないみたいで、誰かが昨夜&今朝クリスマスのミサへ出かけた形跡もナシ。ふーむ。私もキリスト教徒ではないので、これはこれで合っているのかも?! 
[PR]
by joburg | 2006-12-25 18:53 | ヨハネスブルグ
カールトンセンター
南アフリカには9つの州があります。私が住んでいるヨハネスブルグはGauteng(ハウテン)州で人口は約900万人。そのうちの約330万人が「ヨハネスブルグ」と呼ばれている地域に住んでいます。1994年以降は違法移民が増加したので(1994年以前は移民も含め人の移動は政府によって管理されていました)、ヨハネスブルグの実際の人口は400〜500万人と言われています。この大きな規模からヨハネスブルグを南アフリカの首都と思われる方も多いのですが、ヨハネスブルグは首都ではなく、南アフリカの商業・経済の中心地です。首都はプレトリアですが、南アフリカは三権分立制度をとっているので、実質は首都機能が3つに分かれています。
立法府:ケープタウン
司法府:ブルームフォンテイン
行政府:プレトリア

南アフリカの経済の中心地だけあって、ヨハネスブルグのダウンタウンは高層ビルが立ち並ぶ大きな街ですが、80年代から治安が悪化し、多くの企業が拠点を郊外に移してしまいました。この為に私も用事が無い限り、あまり足を踏み入れる機会がありません。南アフリカに来た当初、「危ないのでダウンタウンへ行くな!」と散々言われていたので、まだ道が良く分からずダウンタウンに迷い込んでしまった時は「死ぬかも・・・!!」と泣きそうになったのを覚えています(笑)。今では道を覚え、ダウンタウンへも1人で行けるようになりましたが、治安が悪いのは本当なので、用件が無い限り、むやみに1人で行く事は避けています。治安さえ良かったら、高層ビルの間を歩いてウィンドウショッピングしたいな〜と思うのですが、それは当分無理そうです(^▽^;)。

しか〜し、街中を歩けなくても、ヨハネスブルグのダウンタウンを楽しめる場所がありました。カールトンセンターの50階にある展望台!
ダウンタウンの中心地にあるカールトンセンターは1973年に建設されましたが、当時は南半球で一番高い建物だったそうです。高さは223m。現在もアフリカで1番高いオフィスビルです。アパルトヘイト政権下、この建物には南アフリカを代表する企業の事務所とショッピングセンターがあり、5つ星ホテルのカールトンホテルも隣接していました。当時アフリカのニューヨークと呼ばれていたヨハネスブルグの富の象徴でもあったんですね・・。ところが治安の悪化と共に1997年にカールトンホテルが閉業、多くの事務所も郊外へと撤退してしまいました。カールトンホテルには違法移民が住み着いている・・などの噂もありましたが、実際は誰も住み着いておらず、単に空っぽなだけ。展望台の話は聞いた事があったのですが、まさか今も営業しているとは知りませんでした! 入場料(R17)を払い、50階まで直通のエレベーターから降りると、広々とした展望台、TOP OF AFRICAへ到着です。ヨハネスブルグの歴史を物語る写真などが展示されており、軽食を取れるカフェもあります。そしてこれが展望台からの景色。
b0053164_4563543.jpg
遠くに見える砂色の丘は金の採掘の際の出た大量の土によって出来たもので、「マインダンプ」と言われています。ヨハネスブルグ周辺には約200個のマインダンプがあるらしい!
b0053164_52353.jpg
ヨハネスブルグは1886年に金の発見と共に誕生しました。実はこれ以前に現在のヨハネスブルグのダウンタウンから少し離れた場所で金が発見されていましたが、鉱山コミュニティーによって無法状態になる事を恐れ、南アフリカ政府は金の採掘権を人々に与えなかったそうです。ところが1886年に現在のヨハネスブルグの中心地で新たな金脈が発見されると、当時財政難に陥っていた南アフリカ政府は採掘権を与え、ゴールドラッシュが始まったそうです。10年後にはヨハネスブルグの人口が10万人にまで増えたと言うのですから、とてつもなく大きなゴールドラッシュだったんですね。現在はヨハネスブルグでは金は採れませんが、ダウンタウン近くにある遊園地Gold Reef Cityにてヨハネスブルグ最後の金鉱山の坑道へ入る事が出来ます。そういえば、南アフリカのロウソクは、昔金鉱山などで良く使用されていた為に、とても質が良く長持ちする、と聞いた事があります。確かに停電の時に使う安物のロウソクでも長持ちする気が・・お土産に持って帰ってみようかな。
b0053164_512287.jpg
カールトンセンターの展望台からの景色は本当に奇麗でした。難点は、カールトンセンター周辺の治安が悪いんで、個人で行く事はあまりお勧め出来ません。けれど、ここへ行くツアーがたくさんあるので(大体ソウェトツアーと一緒になってる)、機会があれば是非一度参加してみて下さい。


アフリカのニューヨーク、か〜。そう呼ばれていた時のダウンタウンはどんな感じだったんだろう・・人気blogランキングへ
[PR]
by joburg | 2006-11-17 05:17 | ヨハネスブルグ
紫の花ジャカランダ
今年もジャカランダの季節がやってきました。
b0053164_5374639.jpg

昨年と比べると、今年は比較的天候が安定していたので、ジャカランダが咲いている期間が長かったような気がします。「ジャカランダ・シティ」として有名なプレトリアのジャカランダはこの1週間で散ってしまいそう。11月の頭からジャカランダを見るならばヨハネスブルグですね。そう、ジャカランダと言えばプレトリアですが、実はヨハネスブルグに咲くジャカランダの方が奇麗・・と言う人が多いのをご存知でしたか?特に高級住宅地のHoughtonやNorwoodが奇麗なんだそうです。
b0053164_540953.jpg
これは先週末プレトリアで撮った写真。
ジャカランダは原産が南米の植物で、スペイン語で「楽しい歌」という意味だそうです。1888年にブラジルのリオデジャネイロから南アフリカへ来た移民がジャカランダの苗を2本持って来て、プレトリアに植えたのが始まりです。現在プレトリアには約7万5千本のジャカランダの木があります。紫色の花が神秘的で美しいジャカランダですが、大きく広く張った根から大量の水を接種するので、南アフリカの乾燥地域に根付く原産の木が枯れてしまうという問題があります。この為、1年前から個人宅にジャカランダを植える事が禁止され、ジャカランダは町中の道路沿いにのみ植えていい、という法律が出来ました。
プレトリアのジャカランダ見所はプレトリア市内にある市庁舎横の並木道、Union Building近くのBeckett Street、そしてTelkom Towerの裏(Zuid-afrikaans hospital近く)でしょうか。

しっかし今日のヨハネスブルグは異常なほど暑かった!!
天気予報では31℃と言っていましたが、絶対にこれ以上あった・・。洗濯物を干している数分の間でも、あまりにもの暑さに頭がクラクラしてしまいました。ただヨハネスブルグの素晴らしい所は、日中はこんなに暑くても、夜になると涼しいこと。窓から涼しい風が入ってくるので、クーラーは必要ありません。

そういえば先週の土曜日、Sandton CityにCinnabon(シナボン)のお店がオープンしました〜♪ b0053164_5495421.jpg
シナボンがR16、ピーカンボンがR18。大きさの割には、そんなに高くないので南アでヒットするかも?!
学生の頃、吉祥寺にシナボンのお店がオープンして、友達と食べに行ったのですが、1人1個ずつムシャムシャ食べている私達の隣で、女の子2人組が「大きすぎて食べられないね〜」とシナボン1個を2人で半分こしていました。それを横目で見ながらシナボンを完食し、さらにその後ラーメンを食べに行った私達・・男子校高校生に勝る食欲でした。もちろん今も大食いは変わっていません。
[PR]
by joburg | 2006-10-24 05:57 | ヨハネスブルグ
ヨハネスブルグ市内(Metro Bus Station付近)
BREE通りにある大きなMetroバスターミナル。バスと言っても日本のバスでは無く、トヨタのミニバンを改造した3・4列のミニバスです。アパルトヘイト政権時、政府が有色人種の行動を制限していた名残から(有色人種が白人地域に行けないように)、南アの公共交通機関は非常に遅れています。公共交通機関としてはこのミニバスが主流ですが、時刻表は無いも同然、荒い運転や車の点検ミスから起こる事故も多く問題だらけですが、他の交通手段が無いため、車を持っていない人達はミニバスを利用しなければなりません。
b0053164_18182228.jpg
ヨハネス市が新しく建設したバスターミナルは、中央にあるバス停を囲むような形で、売店(マーケット)が軒を連ねています。このマーケットは、ある程度繁盛しているようですが、中央のバス停を利用しているバスは・・少ない!ヨハネス市の粋な計らいで、悪天候でも問題がないようにと屋根付きのバスターミナルが建てられた訳ですが、政府はバスターミナルを利用するバスから「利用料」を請求しはじめます。もちろんバス側は頼んでもいない建物に対して利用料を払うのはバカバカしい・・と、建物の隣にある広場にバスを停め始め、今ではほんの数台しかバスターミナルを使っていない状態に。
b0053164_1838521.jpg
バスターミナルの壁に描かれたミニバスの路線図。ワールドカップに向けてミニバスを廃止し、新たな交通機関を作る話がありますが、それよりも大半の人達が利用している既存のミニバスの管理を改善する方が良いのでは?
b0053164_18443210.jpg
ミニバスの運転手は、幾つかあるバス運営会社に雇用されていますが、1日のノルマがヨハネスでR300(約5千円)。利益がR300を超えた場合、残りが自分のお給料となります。つまり、1日R350稼いだ場合はR50がお給料。ヨハネス市内からヨハネス北(サントン周辺)までの運賃が1人約R5。バスが満席(約12人)で片道R60。ノルマを達成するには2往復半必要。ですが、ガソリン代、修理代は自己負担と厳しい!決して良い事ではありませんが、ミニバスの運転手がスピードを出して荒い運転をするのも、自分の生活がかかっているからなんですね。
b0053164_1854382.jpg
これはアメリカ資本のChicken Lickinというファーストフード店。ケンタッキーのようなフライドチキンを販売しています。鶏肉大好きな南ア人(特に黒人)には人気のある店です。この店はアパルトヘイト政権時からありますが、数多くあるファーストフード店の中でも、最後まで黒人と白人の入り口を分けていた店でもあります。黒人は裏口から入り、白人は表通りから入る・・という形。皮肉なのは、今ではこの店、白人地域からは姿を消し、黒人が多く住んでいる地域(旧タウンシップなど)でしか見る事が出来ません。

FC2 Blog Ranking
[PR]
by joburg | 2006-07-06 19:02 | ヨハネスブルグ
ヨハネスブルグ市内(Marshalltown周辺2)
De Beers社を過ぎ、ネルソン・マンデラ橋の方向へ進みます。b0053164_21483040.jpg



ヨハネスブルグで一番古いショッピングアーケード。
b0053164_21552533.jpg
50年代後半に建てられたコロニアル風の建物。取り壊す計画があったものの、地元住民の反対により今も残っています。雰囲気のある素敵な建物・・ですが、この後ろには元オフィスビルを改装した高級アパートがそびえ立っており、雰囲気台無し。ここ数年で、このような高級アパートがヨハネス市内に増えています。投資目的に購入する人は多いのですが、このアパートに暮らすような所得層の人々が好むような店がアパート周辺にありません・・買ったものの、実際にはテナントが全く入らず、アパート内はガラガラ、と言った状況だそうです。
b0053164_2231969.jpg


旧ヨハネスブルグ証券取引所。新しい取引所(JSE)は、ヨハネスブルグ北部のサントン(Sandton)に移りました。
b0053164_2243846.jpg
マンデラ橋近くのバス停があるBREE通りから。

ヨハネス市内を歩いてみたい!という方はクリックを〜☆
FC2 Blog Ranking
[PR]
by joburg | 2006-07-05 22:06 | ヨハネスブルグ
ヨハネスブルグ都市開発
ついにワールドカップ始まりましたね!(開会式を見ながら書いています)
ドイツとは時差が無くオンタイムで試合が見られるのでサッカー好きの相方は大喜びです。学生の私は良いけれど、相方は勤務中に試合を見られるのかな?
そんな訳でドイツ・ワ−ルドカップと共に、次回開催国となる南アフリカの緊張も高まって・・・きてよ!!!(全然進展がありません)

南アにはワールドカップ以外にも対応しなければならない多くの問題があります。そんな中でワールドカップ開催なんて出来るのでしょうか。この為に無駄なお金が流れているような気がします。
----------------------------------------------------------------------------
友人のアーバンプランナーが開催している Johannesburg City Development Tour(都市開発ツアー)へ参加してきました。80年代後半から悪化した治安と共に、多くのビジネスが郊外へと撤退し、一時は「ゴーストタウン」とまで言われたヨハネス市内。ここ数年ヨハネス市は、市内の活気を取り戻すために都市再開発計画(JHB re-development project) を打ち出し、犯罪撲滅への取り組みや新しい建物の建設など、アフリカを代表する都市としてのステータスを再建する動きが見られます。実際に南ア大手銀行含め、一部のビジネスは市内へ戻って来ています。しかし、再開発に伴う多数の問題にヨハネス市がどのように対応するのかが2010年ワールドカップ決勝地となるヨハネスにとって大きな課題です。このツアーは、そんな問題に焦点をあてながらヨハネス市内、ヒルブロー、ソウェト、アレキサンドラを案内してくれます。

朝9時にニュータウン(Newtown)にあるマーケットシアター(Market Theatre)に集合。参加者は全部で9名。まずマーケットシアター前に広がる広場の説明からツアーは始まります。今では色とりどりのレンガで舗装され、バスケットボールのゴールポストやお洒落なアフリカンアートが設置されていますが、数年前までは食べ物から衣類まで扱う大きなマーケットが開かれていた広場でした。新しい広場の建築により、人混みの中を歩く事が困難なほど繁盛していたマーケットは姿を消し、人もまばらな寂しい広場となってしまいました。確かに数週間前ここに来た時は警備会社の社員が集団体操(ラジオ体操みたいなもん)をしていたくらいで、静かな広場、という感じでした。

広場に面したモダンな建物にはヨハネス観光局やラジオ局が入っており、1階にはお洒落なお店やカフェが立ち並んでいます。ヨハネス市が「ヨーロッパ的」な都市作りを目指しているのは一目瞭然ですが、独自の文化や歴史のある南アフリカでは発展ではなく、むしろ逆効果なのではないでしょうか・・

例えば広場に設置された木製のアフリカンアート。良く見ると、ところどころ折れていたり、無くなっている物があります。これは冬の寒い日、薪や石炭を買えない人達が「アート」を破壊して火をおこすために使うそうです。大多数には無意味で、ほんの一部の人だけが評価しているアート品を設置するために、莫大な費用が無駄になっています。
この広場の近くには水道・電気が通っていないような家が立ち並ぶ貧しい地域があります。実は広場の真ん中には噴水が設置される予定でしたが、絶えず水が流れ続けている噴水が出来てしまうと、この人々が噴水の水を洗濯などに使ってしまう恐れがあったため、急遽建設が中止されています。

もともと活気があり、そこで生活する人々のlivelihoodとなっていた広場を何故人々の役に立たない物に変えてしまったんでしょうか。ヨハネスで行われている開発は、市が描く理想と人々が求めている現実とのギャップがあまりにも開きすぎているのでは、と思います。
[PR]
by joburg | 2006-06-10 00:01 | ヨハネスブルグ
南アフリカのネット事情
南アフリカのネット環境はかなり遅れています。日本では当たり前のブロードバンドも最近浸透しつつあるかな・・という感じです。

種類は既存の電話線をスプリッタ-で二分して片方をADSLラインとして使う有線型と無線型の二種類ありますが、「光」などは聞いた事がありません。スピードはマックスで下り1Mbsとなっているので、実際は500Kbsでればいい方でしょう。
更に困るのは、南アのブロードバンドはキャップ制であるという点です。
すなわち、許容データ送受信量が1ヶ月間で決まっているのです・・・!
ちなみに私のところは3GBまでで、月々の値段は600ランド(1万円!)です。
このスピードだと映画や音楽を頻繁にダウンロードできないので3GBでも平気ですが、日本のネット環境に慣れていると3GBなんてあっという間に無くなってしまいます。
b0053164_0575880.jpg
南アのネット環境の遅れ、料金の高さは「規模の経済」の一言で説明がつきます。
貧富の差が激しいこの国で、パソコンを所有して、ネットにアクセスすることができる人は国民の10%くらいでしょうか。さらに通信インフラが都市部のみ整備されているのも、なかなかネット人口が増えない理由の一つのようです。ただ、政府もこのネット環境を充実させる必要があることは理解しているので、後数年したら状況は改善するかもしれません。
[PR]
by joburg | 2006-05-02 01:02 | ヨハネスブルグ
真夏だけあって、ヨハネス暑いよ!
帰って来ちゃったよ。戻って来ちゃったよ。
ヨハネス、ヨハネス、ヨハネス、ヨハネス。

家に戻る途中、道端に居た物乞いにガクーッ、家の警備員にガクーッ、下の家の住み込みメイドさんにガクーッ、と頭がもう上がらないんじゃないかってなくらいガクガクしております。ある程度の所得がある家庭には必ずと言ってよいほど、子育てから家事全てをこなすメイドさんが居て..やっぱり南アっておかしい!!治安も不安定な政治も問題だけれど、何よりも南ア人の感覚が変な方向に向いている。こんな生活、絶対に普通じゃありません。

そして南アの年末年始のビッグニュース。
副大統領が年末年始、国の公用機を使って、プライベートでドバイへ遊びに行った事が発覚。バレて焦ったのか、他国の政府関係者も同じような事を許している、と反論(どこの国もそんな事許しちゃいませんよ〜)。次は「実は建設プロジェクトの下見だった」と言い訳。あ〜もう、なんつー情けない政府だっ!

それにしても、日本は楽しかった。2年ぶりだってのもあると思うけれど、色々と良い刺激を受けられて勉強になりました。
そうそう、帰りの便はエミレーツ航空でしたが、荷物27kgもあったのに全然OKでした。すんばらしー、エミレーツ。んで、中身は何だったかと言うと、ほとんどが100円ショップ、ダイソーで購入した物(笑)。ダイソー凄いよ〜!2年前よりもずっと品揃えが豊富になってたし。1番感動したのが「激落ち君」。本当に汚れが落ちる!これで家の掃除を頑張るぞ♪
今回は100円ショップグッズ、ユニクロの服(ユニクロさいこ〜!!)、日本語の教材、化粧品(日本のが一番なのだ)でスーツケースが一杯になってしまい、食材はあまり持って帰れなかった〜(涙)。
あとあと(まだ日本に帰った興奮が冷めない)、プリクラがとんでもない事になっていた!プリクラブースの中にソファーがあった......色んなポーズを取るため?! 美白モードなんか付いちゃってるし。調子に乗って、「超美白」モード で撮影したら、私はちょうど良い白さ加減でしたが、友達の顔が見事に消えていました。撮影終了後は、隣のブースに移って、撮影した写真に落書き出来るんですね〜。その落書き機能もすごい充実してる!300円でこれは楽しいかも。めちゃくちゃ久しぶりのプリクラに友達と興奮☆
けれどプリクラ慣れしていない私達なので、ポーズがぎこちなかった(笑) 

日本人で良かった♪
[PR]
by joburg | 2006-01-17 23:04 | ヨハネスブルグ
ジャカランダ
ヨハネスも段々と暑くなってきましたね~!ジャカランダも満開です。

ジャカランダとは南アメリカ原産の紫の花で、『紫の桜』なんて言われています。
通常は乾季に落葉して、雨季の始まりに一斉に開花します。けれど今年の南アは、もう雨季の季節なのに雨がほとんど降っていません・・。雨は降らないのに風だけは強いもんだから、去年は11月頭まで咲いていたジャカランダですが、今年はもう散ってしまいそう!

ヨハネスから北へ50km、首都プレトリアは別名『ジャカランダ・シティ』と呼ばれるほど大量のジャカランダが植えられています。残念ながら、ジャカランダは鑑賞するには◎なのですが、性質的にはあまり良くないらしく(周りの植物を殺してしまう・・とか)、今後新たなジャカランダを植えることは無いそうです。

そんなプレトリアへジャカランダ鑑賞へGO!

ジャカランダ並木道
b0053164_17574781.jpg

下から見上げると・・・
b0053164_180481.jpg

丘からプレトリア市内を見渡します(ちょい逆光)
b0053164_1812045.jpg

珍しい白のジャカランダ
b0053164_1822426.jpg


とても綺麗だけど、去年はもっと紫が鮮やかだったような。来年は綺麗に咲いてくれるといいな~♪とっても花見気分なjoburgです。(お弁当作るの面倒だけど・・)
[PR]
by joburg | 2005-10-12 17:44 | ヨハネスブルグ