ナミビア:ソスフレイ砂漠
テント生活の朝は早い。
朝日が入ってくるので嫌でも目が覚めちゃうんですね。

テントを片付けて、コーヒーと昨夜の残り物で朝ご飯。
(ブライで残ったお肉を翌朝食べると美味しい!!って思うのは私だけ?)

キャンプ場の近くにあるセスリム・キャニオン(Sesriem Canyon)へ。
セスリム・キャニオンは長さ2Km、深さ30mもある渓谷。ナムブ砂漠はほとんど雨が降らないけれど、数年に1回大雨が降って、この渓谷が水でいっぱいになるんだとか。

もちろん雨なんて降っていなかったので、歩いて渓谷の下まで降りることができました。水は3m四方の小さな水たまりがポツーンとあるだけでした。

その後は念願のソスフレイ砂漠へ向けて出発。
え?もう砂漠なんじゃないの・・と思っちゃうけど、実はキャンプ場のある場所がソスフレイ砂漠のある国立公園の入り口。この入り口からお目当ての砂漠までは来るまで1時間ほどかかるんです。けれどさすがは観光地。この道はちゃんと舗装されているので、運転もスムース。ただ周りの景色が変わらないので、かなり眠くなりますのでご注意を。

約1時間後、砂漠近くのオアシスに到着。
まだ砂漠の真ん中ではないけれど、すぐ近くに砂漠の山々が見えています。
ここから先は道が砂漠の砂になっているので、自信のある人は自分の車で、そうでない人はお金を払って専用のトラックに乗せてもらいます。かなり深い砂なので、ランクルとかじゃないと砂にはまって抜け出せなくなると思います。
私達の車はVWのKOMBIだったので、砂は絶対ムリー。お金を払って、トラックに乗せてもらい、ついに砂漠のふもとに到着!

すでに砂漠の上に人が歩いているのが見えます。

[PR]
by joburg | 2008-03-22 19:24 | 海外旅行
ナミビア:バーベキュー >>