帰国前のジンクス
・・・という訳で先週日本へ帰国致しました。

と一行で書くと、何事も問題なくスムースに帰国したように聞こえますが、
本当は大変だったのよ~!!

海外駐在員の間では有名な「帰国前のジンクス」。
帰国前は帰国準備の忙しさに焦ったり、反対に帰国準備が整い気を許してしまったりと、ジンクスとは「帰国前は事故にあいやすい」というもの。

せっかく南ア滞在中は危険な目に遭うことなく生活出来たのに、帰国直前に事故に遭ってしまうと、最後に悪い思い出を残すことになってしまいます。

事故にあって一番避けたかったのは、事故がきっかけで南アフリカを嫌いになってしまうこと。

だからこそ、このジンクスが実現しないように、帰国前の1ヶ月間は普段以上に気をつけて生活していました。そして帰国準備も順調に進み、荷物も配送し、家具も車も売り払い、空港へ行く前にドタバタするのを避けるため、最後の数日間滞在するホテルも手配。ホテルへ移る前日、家の最後の掃除をしていたら、台所から彼の「水が出てる!!」との叫び声が。

水? 何の水? 

蛇口がちゃんと閉まってなかったのかな~、と台所へ向かうと、なんと・・


床から水が出ていた


我が家の台所の床はフローリングなのですが、その一枚一枚の木の板の間から、水があふれ出ている状態。ジャージャー大量に出てはいませんでしたが、床を軽く踏むと、水が浮かび上がってくるんです。

慌てた私達はまずPlumber(配管工)に連絡・・と思ったのですが、この日は土曜日の夜9時。南アは大半の会社が週末はお休み。もちろんPlumber含め・・。けれど週末にだって配管に何らかのトラブルがあって配管工を呼ばなければいけない時は南ア人にだってあるはず。とりあえず電話帳やifind(携帯でキーワードを入れて電話番号を検索できるサービス)で近くのPlumberに片っ端から電話してみるものの、みーんな営業しておらず。そしてなんと「24時間営業」や「緊急サービス受付」などと謳っているPlumberも電話をしても留守電だったり「うーん、今日は都合悪いんだゴメンネ、などと言われたり、皆やる気ゼロ!
大家に電話をすると大家も「じゃあPlumberを呼ぶのは月曜日ね」と鼻っから週末にPlumberを呼ぶことは頭に無いよう。おーい・・。あなたの家なのに。

そして電話を掛け続けていると・・見つかりました!土曜日でも営業しているPlumberが。
彼はSandton(新ビジネス街+高級住宅街)の近くにあるヨハネスブルグでも有数の治安の悪さを誇る(?)Alexandraというタウンシップに住んでいるらしい。ど・・どんな人なんだろう、とドキドキしながら彼の到着を待っていました。
けれど実際に到着したAlexandraのPlumberは・・めちゃくちゃ良い人!!!!とても真面目でプロフェッショナルな彼に私達は大喜び♪ 結局原因は台所の流しに通じるパイプの亀裂。流しの下にあるキャビネットの裏を通っているパイプなので、キャビネットに穴を開ける必要があるため、作業は翌日の朝再開してくれることに。そして翌日の朝、約束の時間ピッタリに来てくれて、あっという間にパイプの亀裂を直してくれました。立ち会った大家も作業の手際良さと値段の安さにビックリ。こういう風に一生懸命仕事をしてる人がもっと評価されたらいいのに・・。

ともかく水も止まったし、費用は大家持ちだったし、帰国2日前に問題クリア!

ホテルに移動して、帰国の前日は最後のヨハネス・ドライブに行こうと約束していた私達・・ですが彼が食中毒になり終日寝込んでしまいました・・。引越しや帰国準備で疲れてしまったんでしょうね。幸い翌日の帰国日には体調も大分良くなり、無事に飛行機に乗ることが出来ました。

帰国前のジンクス、本当だった?
[PR]
by joburg | 2007-04-05 15:35 | ヨハネスブルグ
<< 感動の別れ・・のはずが ドラケンズバーク少年合唱団 >>