南ア英語を学ぼう パート2
南ア英語の続き・・

<スラング・辞書に載ってない言葉編>

1. ウソっ!、マジでっ?、うおっ!、などの驚き系。
a) Shoo!! (シュッ!)もしくわ Eishh!(エイシュッ!)
南アに来たばかりの時は、主に黒人が使っているスラングかと思っていたけれど、よくよく聞くと白人やインド人なども日常的に使っていました。

b) Yes!! (イエッス!)
「やった〜!」って意味の「Yes!!」じゃなくて、主にショッキングな事が起きた時に使います。
「この前テストで20点だったよ、YES!!!」みたいな。
そしてこの「YES」が進化すると「YESSESSEE(イエッセーセー)」的な感じに聞こえます。これは私と相方の間で大ヒットしました(笑)。私の周りにも、これを使う人が多くて、聞く度に心の中で大笑いしています。

2. ふーん、なるほどー、あ そう。
Oh, Ok (オー、オーケー)
「あ、そうなんだ(そうだったんだ)」
出来るだけユックリと低い声で言うのがコツ(笑いを取りたい時は)。

3. あらー。
Shame(シェーム)
元はアメリカ英語の「I'm sorry」と同じで「あら、残念」」と言う意味で、悲しい事や悪い事が起きた時に言う言葉。
A. 「犬が死んじゃって・・」
B. Shame..
って感じ。だけど何故か南アではハッピーな時にもShameを使っちゃいます。
A. これ私の赤ちゃんの写真なの
B. Shame..!
そう、可愛いものを見てShameを使っている人を良く見かけます。多分「あら、残念」の「残念」を取り除いて、「あら〜」って意味で使っているんだと思います。
「あら〜、赤ちゃん可愛いわね」みたいな。

4. たくさんある、たくさんいる。
Too much(トゥーマッチ)
「たくさんあり過ぎる」という意味で使われるのが正しいのだけれど、南アでは「たくさんいる、たくさんある」との意味で使われる場合もあります。主に黒人。
A. ヨハネスにはアジア人が多いの?
B. Too much..too much! (たくさんいる)
ネガティブな意味では全くなくて、「とにかく、たくさんいる(ある)んだよ」と表現したい時に使います。

5. 〜した方がいい? 〜しなきゃ駄目?
Must I (マスト アイ)
アメリカ・イギリス英語では「Should I」という意味ですね。
Must I clean the house? (家を掃除した方がいい? 掃除しなきゃ駄目?)
I must clean the house (家の掃除をしなければいけない)をそのまま疑問文に置き換えたんでしょうね。英語の文法的には間違っているのですが、何となく言っている事は通じますよね。

まだ他にもたくさんあると思うのですが、パッと思いつくのはこのくらいです。
b0053164_0311626.jpg

番外編:お気に入りの発音

南アの黒人は "GIRL"を「ガール」ではなく、「ギャール」と発音する。
南アの黒人は "WOMEN"を「ウーメン」ではなく、「ウェメーン」と発音する。
南アの黒人は "HER"を「ハー」ではなく、「ヘー」と発音する。
南アのオランダ系白人は "TRUE"を「トュルー」ではなく、「トルー」と発音する。
etc etc etc....

南アには黒人、白人、カラード、インド人、アジア人など様々な人種がいる事から「Rainbow Nation」と言われています。このため、人種を題材にしたコメディーがめちゃくちゃ多い! そしてこれがめちゃくちゃ面白い!! 南アに住んでいる人、住んだ事がある人なら「あ〜そうそう!!」と大爆笑すること間違いなしです。南アには面白いコメディアンがたくさんいますが、私が一番好きなのはMarc Lottering。ほんとーに面白い!
[PR]
by joburg | 2007-02-26 00:35 | ビックリ!
<< ここって・・中国? 南ア英語を学ぼう >>