外国語映画賞を受賞したぞ〜
やりました!

南ア映画「TSOTSI」がアカデミー外国映画賞を受賞しました〜♪ 

旧黒人居住区(タウンシップ)に住んでいる男の子が起こしたカージャックによって繰り広げられる物語で、南ア版「City of God」と言われている映画です(実はまだ観てなかったり・・)。

一昨年のアカデミー賞では南ア人のCharlize Theronが最優秀主演女優賞を受賞。昨年は南ア映画「U-Carmen eKhayelitsha」がベルリン国際映画賞で金熊賞を受賞するなど、ここ数年は南ア映画界の活躍が目立っています。

Tsotsiがアカデミー賞を受賞したのは嬉しいのですが、更に感心した記事を発見。
Tsotsiには実際にタウンシップに住んでいる子供達が出演していますが、その子供達に与えられた報酬(お給料)は、子供達に直接与えるのではなく、彼等の教育を支援する為に新しく基金を設置することによって、子供達の親がアルコール・ギャンブル費用として使わないように計らったそうです。また、子供達に希望と尊厳を与えるため、タウンシップで彼等が出演したTsotsiを上演したそうです。映画に出演した子供達は嬉しかったでしょうね〜!!南アの子供達の将来を考えた行動ですよね。本当に素晴らしいと思います。

今回の受賞をきっかけに、今まで以上に南アの才能が国際的に認められる事を願います☆
[PR]
by joburg | 2006-03-08 05:29 | その他
<< お腹いっぱい♪ 寿司の正しい食べ方 >>