♪初ナベサダ♪
先週の金曜日、Carnival City で行われた『ナベサダ』こと、渡辺貞夫さんのコンサートへ行って来ました!

南ア講演は急遽決まったようで、講演の2週間前にならないとチケットを買うことが出来ませんでしたが、発売と同時に申し込んで、前から3列目の席をゲット!(中央席のほうが音が良かったのでは・・と後で後悔)

ナベサダはうちの母親が好きらしく、よく名前は聞いていたのですが、お恥ずかしながら、1曲も知っている曲はありません・・。しか~し、ナベサダ、南アでは大人気(70年代後半は南アのジャズ・チャート1位だったらしい)で、友人曰く 「南アのジャズファンの3人に1人がナベサダのCDを持っている」そうです(信憑性ゼロだけど)。

世界中で有名な日本人アーティストを見たい、という興味本位でコンサートへ言ったのですが・・良かった。

いやはや ホントに良かった!!

アップテンポな曲から、しっとりとした曲まで、どれも素晴らしかったです。
何よりも心に残ったのは、ナベサダさんの『笑顔』。ステージに上がった瞬間から、「南アに来れて良かった」と満面の笑みで、終始ずーーーっと素晴らしい笑顔。南アのファンの前で演奏するのが好きで好きでたまらない!!という感じ。

そのラブラブ光線に、観客もみんなハッピー♪(これ本当)になって、踊りまくり。

最後には南アの第2の国家と言われてる Shosholoza も歌ってくれて(もちろんisiZulu)観客は総立ち&踊りまくりでした。Shosholozaの歌詞を習っておいて良かった♪すこーし残念だったのが、私の座っていたセクションは、あまり盛り上がりに欠けていたこと。日本人たくさんいるし、一人踊るのも恥ずかしいな~と気にしちゃって、暴れられませんでした(笑)

日本人であることを誇りに思えたイベントでした☆
追記:前座のJonas Gwangwaも良かったですよ~。
[PR]
by joburg | 2005-10-24 22:50 | 音楽
<< 消費オーラに負けました 夢バトン >>