レソトが抱える問題
レソトでのハイキングは次回に取っておいて、(今度はここに泊まりたい→Malealea Lodge)南アフリカに戻ることにしました。国境はすいており、簡単に出国手続きを終えることが出来ました。こんなポスターが通関に貼ってありました。
b0053164_2219834.jpg
世界中で問題になっている人身売買・性的搾取は南アフリカでも大きな問題になっています。
アフリカの中でも経済的に豊かな南アフリカには、中央アフリカ、南部アフリカの貧しい国々から女性が集まり、トラフィッキングのメッカとなっています。
大半の女性が「南アフリカで仕事があるから」とのマフィアの言葉を信じ、南アの売春宿で強制労働を強いられます。貧しいレソトもその例外では無いようです。
衛生状態の悪い場所で働き、性病だけに限らず、体調を崩すことがあっても適切な処置を受けることが出来ず、死亡するケースも少なくはありません。エイズに感染し、売春宿のオーナーから追い出されたものの、家に帰るとエイズを恐れて家族からも拒否され、仕方なく道端で売春を再開する人も多くいます。このようなNGOやHelp Lineがもっと増えて欲しいものです。
[PR]
by joburg | 2005-05-01 22:19 | 海外旅行
<< ブルームフォンテイン レソト土産 >>