ヨガる
昨日ビクラム・ヨガに初挑戦してきました。

ヨガは、どちらかと言うとヒッピー系の人達が「ふにゃらら~」と唱えながら精神統一する瞑想だと思っていたけれど、ここ数年で猫も杓子もヨガをしているほど人気があるようなので2年ほど前通っていたジムのヨガクラスに参加した事があるのですが・・びっしりとヨガマットが敷き詰められた満員の教室の前で

ヒロシ・シャムラカット(確かこんな感じだった)です。

どっからどう見ても純日本人にしか見えない手染めっぽいタンクトップと紫のスパッツに身を包んだ坊主の兄ちゃんが自己紹介してました。ポーズを取る度に「ムム~ほにゃららら」と呪文(?)を唱え、最後の15分は瞑想時間と称して、教室の照明を落とし、くっさいお香を焚き、瞑想どころか頭痛と吐き気に見舞われてしまいました。
それ以来「ヨガ=危ない世界」という式が頭の中で出来てしまい、どんなに友人にヨガに誘われても断ってたんです。
ところが去年になってスタイル抜群の知人から「高温の部屋で汗だくになって簡単なポーズを取る」爽快ヨガを薦められ、再び味を持ちました。
何でも産まれ付き病気持ちだったビクラムさんという人が、ヨガから厳選された26種類のポーズを繰り返し行い病気を克服した・・とかで、特徴は温度40度、湿度60%の部屋でこのポーズを繰り返し1時間半行うというヨガで、ヨーロッパ・アメリカで大ブレークしているそうです。
クラスが終わった後の爽快感が病みつきになるらしく、最近運動不足で汗に飢えているjoburgにはピッタリです。
参加者はざっと見て30名弱。ほとんどが30代後半~50代の女性です。男性は30代らしき人が5名。皆さん、タンクトップにスパッツ、或いはタンクトップに水着のパンツ。男性は5人中4名が上半身裸。
胸毛が気持ち悪い。
教室は思ったほど湿気が無く、暖房の効きすぎた部屋にいる感じです。
簡単な呼吸のポーズから初め、26種類のポーズを講師の指導の下、ゆっくりと時間をかけて取っていきます。
b0053164_20225575.jpg

最初の3ポーズは水を飲むことを禁止されていますが、思ったほど汗も出てないので苦しくありません。が、5ポーズに入った頃、毛穴という毛穴から汗が吹き出てきました。下を向くと、汗が床にポタポタ落ちてきます。ポーズを取ろうとしても汗で手が滑ります。周りも皆汗だくで身体がピカピカ光ってます。タオルで汗をふきふき1時間半。驚くほどの汗が出てきます。
最後の30分は脱水症状か、頭がクラクラ眩暈がしましたが、教室の外に出たときの爽快感はさすが!

きもちいい~♪

身体に良いのか分かりませんが、とりあえず今月一杯は頑張って続けてみようと思います。冷え性には効きそう。ちなみに東京にもビクラムを教えている教室があるそうです↓
インドヨガカレッジ 
[PR]
by joburg | 2005-01-10 20:19 | その他
<< ヨガった結果 2005年初喧嘩 >>